このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210817
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16120718083620
事例作成日
(Creation date)
2016/11/24登録日時
(Registration date)
2017年03月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県内に生息するイシガメに関する資料はあるか。
回答
(Answer)
・『備前国備中国之内領内産物帳』(資料①)は、「江戸中期第八代将軍徳川吉宗の時代に、幕府の威令によって幕府医官で本草学者丹羽正伯(貞機 一六九一 - 一七五六)が中心となって、日本国全域にわたって動植物・鉱物・農作物などの種類や分布状況がくわしく調査されて書上げられた」産物帳であると解説されている。本書の「魚介類」の中に「イシガメ」(水亀)の記載が確認できる。

・桂又三郎「ドウマン考」(資料②)では、小野蘭山「本草綱目啓蒙」(資料③)の中で「備前岡山ニ多シ」と記載のあった「朱鼈」(ドウマン)と称する亀について考察していたが、「ドウマンの正体に就ては、実在せるものか否か私には判断出来ぬ」と結んでいる。

・『岡山県の両生・爬虫類』(資料④)では、イシガメについて「県下の全域にいるものの数は多くない」とある。

・『岡山の動物』(資料⑤)では、「イシガメ」「クサガメ」「スッポン」を紹介している。「イシガメ」に関しては、その生態に関する一般的な説明があるが、岡山県内の分布や過去の確認情報等は記載されていなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『備前国備中国之内領内産物帳』岡山 岡山県郷土文化財団 ,1988,360p. 参照はp.264、324-349.

②桂又三郎(第1巻第3号・1932年)「ドウマン考」『中国民俗研究』第1巻第3号,1932年,p.1-5.

③杉本つとむ『小野蘭山本草綱目啓蒙』 早稲田大学出版部,1974,864p. 参照はp.656-660.

④岡山県環境部自然保護課『岡山県の両生・爬虫類』岡山 岡山県,1980,92p. 参照はp.38.

⑤松本邦夫『岡山の動物』岡山 日本文教出版,1965,220p. 参照はp.134-146.
キーワード
(Keywords)
イシガメ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016120718001083620
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000210817解決/未解決
(Resolved / Unresolved)