このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210791
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15111918077322
事例作成日
(Creation date)
2017/1/18登録日時
(Registration date)
2017年03月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
日本のマリモの住んでいる湖の名前とどれくらいの大きさまで成長するかが載っている児童書が知りたい。
回答
(Answer)
①によると、マリモは「日本では、北海道、青森県、山梨県、滋賀県、富山県の湖に住んでいます。中でも北海道の阿寒湖のマリモは、直径30センチくらいまで大きく成長することで知られています。」とある。
②には、日本でマリモが生きているのは、北海道の阿寒湖、釧路湿原の沼や湖、本州では、琵琶湖、富士山周辺の河口湖、山中湖、西湖などで確認されている。
そして、これまで見つかった最大のマリモは直径がおよそ34センチと書かれている。
③によると、「阿寒湖の湖底にマリモはいます。富士山のふもとの河口湖、山中な湖、西湖などにもいますが、大きさも小さく、形もまんまるにはなりません。まるくて大きなマリモは、今では阿寒湖でしか見ることができません。」とある。そして、今までに見つかったいちばん大きいマリモの直径は、約30センチと書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
藻類.菌類  (474 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『玉の図鑑』学研教育出版,2015,127p.参照はp.40
②千葉望 荒谷良一『マリモを守る。若菜勇さんの研究』理論社,2009,61p.参照はp.22 p.31
③阿寒マリモ自然誌研究会 稗田一俊ほか『まるいはマリモ』
福音館書店,1996,39p.参照はp.4
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2015111918080577322
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生, 中学生, 小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000210791解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!