このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210564
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000031422
事例作成日
(Creation date)
2017/01/18登録日時
(Registration date)
2017年02月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年03月22日 18時25分
質問
(Question)
ロウバイの古名はカラウメというそうだが、この由来について、「唐」は、唐の時代なのか、中国の別名の唐の国からきたという意味なのか、わかる本はあるか。
回答
(Answer)
『植物和名語源新考』(八坂書房)p.201に「蠟梅は、わが国へは、後水尾天皇の時代(1611~29年)に、朝鮮を経て渡来したといわれる」
p.200に「梅とはいっても、花期と香気とがこれと似ているだけで、まったく別科(ロウバイ科)の植物である。」

『日本国語大辞典 第二版 第13巻』(小学館)p.1152に「中国原産で、江戸初期に朝鮮を経て渡来し」とある。『日本国語大辞典』には「カラウメ」では載っていなかった。

『日本国語大辞典 第二版 第3巻』p.1046「から【唐・韓・加羅】」の説明文に「〖語素〗語の上に付けて、朝鮮や中国、さらにひろく外国から渡来した人や物を表す。」と
記載あり。例に唐衣(からころも)・唐囀(からさえずり)・唐玉(からたま)・唐人(からびと)が挙げられている。

『古事類苑 植物部一』(吉川弘文館)p.252では大和本草を引用して「近年中夏ヨリワタル」「中華ノ書ニ多ク記シ」、
p.253では重修本草綱目啓蒙を引用して「コノ木ハ百九代後水尾帝ノ時、朝鮮ヨリ来ルト云傳フ、故ニ俗ニカラムメ等ノ名アレドモ、今ニ至テハ皆蠟梅ト稱ス」とある。

ちなみに唐王朝は『世界大百科事典 第19巻』(平凡社)によるとpp.496-499に「618-907年」「923-936年」「937-975年」と3つ載っていた。
唐王朝の時代は蠟梅が日本に渡来した時期より何世紀も前。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『原色樹木大図鑑』、Webサイト「筑波実験植物園」、『最新園芸大事典 第4巻』(誠文堂新光社 S.46年)、『園芸植物大事典 1』、『園芸植物大事典 5』(小学館 1989年)、『四季の花事典』(八坂書房)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
日本国語大辞典第3巻小学館国語辞典編集部/編集小学館 (p.1046)
日本国語大辞典第13巻小学館国語辞典編集部/編集小学館 (p.1152)
植物和名語源新考深津 正/著八坂書房 (p.201)
古事類苑49吉川弘文館 (p.252)
キーワード
(Keywords)
蠟梅(ロウバイ)
ロウバイ(ロウバイ)
カラウメ(カラウメ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
庁内
登録番号
(Registration number)
1000210564解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!