このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210443
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 16-0035
事例作成日
(Creation date)
2016/12/02登録日時
(Registration date)
2017年02月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月23日 00時30分
質問
(Question)
咸臨丸の最後について、『讃岐人物風景〈8〉 百花繚乱の西讃 』(四国新聞社 ∥編 大和学芸図書 1982)に、(咸臨丸は)「明治四年(一八七一)、民間の回漕会社に払い下げられた。そしてこの年の九月二十日、北海道移民団を輸送中、函館湾沿岸で沈没、その姿を北海の海底に永久に閉ざしてしまった。」といった記事があった。そこで、以下について知りたい。

 1 この根拠となる当時の新聞記事などの情報
 2 同鑑の引揚に関する情報
 3 その他、咸臨丸の最後に関する情報
回答
(Answer)
1 この根拠となる当時の新聞記事などの情報
  『北海道・樺太の新聞雑誌』等によれば、明治四年には、北海道では新聞は未刊。
  全国紙に広げ、関連の資料を見たが、記事は発見できず。

2 同鑑の引揚に関する情報
  咸臨丸が沈没した地元木古内町のホームページ等によると、船体は現在まで引き揚げら
れていない。
  鉄片や錨が引き揚げられた新聞記事と要旨は、次のとおり
 「<発信2011 咸臨丸に夢乗せて 木古内沖座礁から140年>中 調査・分析
 最後の謎 心つかむ」
   『北海道新聞』2011年9月8日 朝刊 p32
    →1990年に19世紀の船の一部とみられる鉄片を発見したが、咸臨丸由来とは
特定できず。
      2006年に日本海事史学会の小川氏が、1984年に発見されたいかりの鉄成
分を分析し、咸臨丸のものとみられると発表したが、東大総合博物館の分析では
断定にいたらなかった旨記述あり。

  「22年前、木古内沖で引き揚げ 錨は咸臨丸の可能性 江差町沖の鎖成分と一致」
   『北海道新聞』2006年9月22日 朝刊p35
    → 日本海事史学会の小川氏が、錨は咸臨丸のものとみられると報告。
      木古内町は、東大総合博物館に化学分析を依頼

3 その他、咸臨丸の最後に関する情報
  回答資料のとおり紹介

  回答資料3:従来、沈没は荒天のためと言われてきたが、様々な資料を引用しながら、
当日は月夜だった可能性があり、荒天は開拓使のデッチあげではないか
との説を述べる。
出版年が比較的新しく、引用文献も多いので、一読をすすめる。

 関連サイトも紹介

 ・北海道立文書館「公文書検索」
   http://www.bunsho.pref.hokkaido.lg.jp/1113001/kokai/monjokan/mj_kou_kensaku.asp
   →「咸臨丸」で検索すると、関連の公文書が種々ヒット
 ・「サラキ岬から引き揚げられた錨は咸臨丸の錨なのか?」(木古内町観光協会)
   http://kikonai-kankou.net/kanrinikari001.html
 ・サラキ岬に眠る「咸臨丸」(木古内町)
  http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/kankoujouhou/rekishibunkazai/kanrinmaru.htm
 ・木古内町郷土資料館 「いかりん館」
   http://www.town.kikonai.hokkaido.jp/kankoujouhou/kankousupot/kyoudoshiryoukan.htm
    ※引き揚げられた錨を展示している
 ・咸臨丸のいかり(英語喫茶)
   http://www.englishcafe.jp/pic/ikari.html
   →1984年11月に木古内町サラキ岬の海底から引き揚げられたいかりは、2005年の
調査で咸臨丸のものである可能性が強まったとあり
(2015年5月取材記事)

    インターネット最終確認:2016.12.2

 『讃岐人物風景〈8〉 百花繚乱の西讃 』は当館未所蔵
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料も参考とした。
1 『幕末軍艦咸臨丸』(文倉平次郎∥編 名著刊行会 1969)
請求記号:210.51/B 資料ID:1101917068
2 『明治ニュ-ス事典 総索引』
(明治ニュ-ス事典編纂委員会,毎日コミュニケ-ションズ出版部∥編 毎日コミュニケ-ションズ 1986.2) 請求記号:210.6/ME 資料ID:1101695375
3 『日本初期新聞全集 32 明治4年8月(1871年9月)-明治4年10月(1871年12月)』
(ぺりかん社 1991.10) 請求記号:070.21/NI/32 資料ID:1102902473
4 『新聞集成明治編年史 第15巻 全巻索引』
(新聞集成明治編年史編纂会?編纂 財政経済学会 1936)
請求記号:071/SH/M-15 資料ID:1102914726
5 『幕末明治新聞全集 第6巻 下 明治四年より明治五年まで』
(明治文化研究会?[編] 世界文庫 1961) 請求記号:071/ME/6-2 資料ID:1102914452
6 『北海道・樺太の新聞雑誌』(功刀真一∥著 北海道新聞社 1985.8)
請求記号:070.2/KU/ロ 資料ID:1109387231
7 『広報きこない 通巻408号?通巻431号』(木古内町) 
請求記号:KOHO 資料ID:1207011444
8 『北海道年鑑 昭和60年版』(北海道新聞社∥編 北海道新聞社 1985)
  請求記号:059/HO/S60 資料ID:1102221304
9 『北海道新聞 縮刷版』(北海道新聞社 1984年11-12月) 目次
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 木古内町史 木古内町史編さん委員会∥編 木古内町 1982 218.57/KI p624-633:咸臨丸 『開拓使公文録』の引用ほか ※館内利用

2 「咸臨丸」最後の乗船者 白石片倉小十郎家臣団 塚本 謙蔵∥著 札幌三光印刷(印刷) 1993 288.3/KA p83-107:「咸臨丸 サラキ岬で座礁・破船」

3 咸臨丸栄光と悲劇の5000日 合田 一道∥著 北海道新聞社 2000.11 210.51/KA

4 伊達藩士と北海道開拓 札幌宮城県人会∥編 札幌宮城県人会 1968 334.5/D p50-53 ※館内利用

5 永(はるか) 福島町史研究会会報 通巻7号 福島町史研究会 2008.7 Z304 p12-14:「『咸臨丸』その終焉をめぐって」(小笠原実)

6 南北海道史 通巻15号 南北海道史研究会 1974.12 Z304 p1-6:「咸臨丸の終焉とその経緯」(古館正)

7 北方ジャーナル 第3巻第10号通巻31号 北方ジャーナル社 1974.10 Z104 p156-162:「咸臨丸の最期」(古館正)

8 ラメール 第38巻第5号通巻222号 日本海事広報協会 日本海事広報協会 2013.9 Z503 p52-55:「仙台藩士の移住と咸臨丸の最期」(合田一道)

9 北の青嵐 道史協支部交流会報 通巻90号 北海道史研究協議会 2000.7 Z304 p1-2:「更木沖に眠る咸臨丸沈没の謎」(合田一道)

1 幕末軍艦咸臨丸 文倉平次郎∥編 名著刊行会 1969 210.51/B

2 明治ニュ-ス事典 総索引 明治ニュ-ス事典編纂委員会,毎日コミュニケ-ションズ出版部∥編 毎日コミュニケ-ションズ 1986.2 210.6/ME

3 日本初期新聞全集 32 明治4年8月(1871年9月)-明治4年10月(1871年12月) ぺりかん社 1991.10 070.21/NI/32

4 新聞集成明治編年史 第15巻 全巻索引 新聞集成明治編年史編纂会?編纂 財政経済学会 1936 071/SH/M-15

5 幕末明治新聞全集 第6巻 下 明治四年より明治五年まで 明治文化研究会?[編] 世界文庫 1961 071/ME/6-2

6 北海道・樺太の新聞雑誌 功刀真一∥著 北海道新聞社 1985.8 070.2/KU/ロ

7 広報きこない 通巻408号?通巻431号 木古内町 KOHO

8 北海道年鑑 昭和60年版 北海道新聞社∥編 北海道新聞社 1985 059/HO/S60

9 北海道新聞 縮刷版 北海道新聞社 1984年11-12月 目次
キーワード
(Keywords)
咸臨丸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000210443解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決