このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000210007
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2017口頭0201
事例作成日
(Creation date)
2017/2/9登録日時
(Registration date)
2017年02月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月16日 00時30分
質問
(Question)
スポーツの観客動員数について、ここ数年の推移(特定しないが複数種目)がわかる資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
複数の種目の観客動員数が確認できる資料を中心に紹介します。
(【 】内は当館請求記号。インターネットの最終アクセスは2016年12月16日。)

資料1 『スポーツ白書2014』 笹川スポーツ財団, 2014.2 【FS11-L37】
第10章「トップスポーツ」に、男子サッカー(日本プロサッカーリーグ(Jリーグ))、野球(日本プロ野球)、バスケットボール(旧日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ))、大相撲、ラグビー(ジャパンラグビートップリーグ)、女子サッカー(日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ))等の各種目の過去10年の入場者数の推移が掲載されています。

資料2 財団法人日本プロスポーツ協会編 『プロスポーツ年鑑』 2012年版 日本プロスポーツ協会, 2012 【Z42-B15】
第2章「プロスポーツ界の現状」に、大相撲、野球、サッカー、ゴルフなど同協会加盟団体の観客動員数が掲載されています。
最新版は同協会ホームページ( http://www.jpsa.jp/ )のプロスポーツ年鑑のページ( http://www.jpsa.jp/history.html )にも掲載されています。

資料3 笹川スポーツ財団編 『スポーツライフ・データ:スポーツライフに関する調査報告書』 2014年版 笹川スポーツ財団, 2015 【Z7-B937】
「Ⅲ調査概要(4.スポーツ観戦)」に、推計観戦人口、推計動員数が掲載されています。マラソン・駅伝、フィギュアスケートなどの種目の数値も記載されています。

インターネット情報1  J.LEAGUE Data Site( https://data.j-league.or.jp/SFTP01/ )>通算データ>入場者数記録( https://data.j-league.or.jp/SFTD11/
Jリーグの1999年以降の入場者数を試合ごとに確認できます。

インターネット情報2 日本野球機構( http://npb.jp/ )>統計データ( http://npb.jp/statistics/
セントラル・リーグ及びパシフィック・リーグの「年度別入場者数(1950-2016)」が掲載されており、日本プロ野球の1950年以降の各年度の入場者数が確認できます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
スポーツ、観客動員数
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000210007解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!