このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209876
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D160830174512
事例作成日
(Creation date)
2016-09-09登録日時
(Registration date)
2017年02月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月16日 00時30分
質問
(Question)
以下の二人について記述のある文献はあるか。二人の関係が分かるような資料があればなおよい。
1.松野平助(介とも書く)
信長の家臣であり、吉田松陰の家の始祖にあたる人物
2.松野利右衛門
『穂積町史 史料編』pp.392-394に記載あり。下穂積村(現:岐阜県瑞穂市穂積)に住んでいたらしく、何代も続く名前のようだが、どの代についての記載でもかまわない。
回答
(Answer)
ご照会の松野平助(平介)について、国立国会図書館リサーチ・ナビの人文リンク集> 記事索引・目次・全文データベース( http://rnavi.ndl.go.jp/humanities/entry/post-10.php )にあるデータベースを調査したところ、下記資料1、2に記載がありました。そこにあげられている出典を確認したところ、資料3~10に記載がありました。ここでは国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されているものを中心に紹介します。また、資料1に「諱は「一忠」」とあったので、「松野一忠」で検索したところ資料11、12がありました。

松野利右衛門については、上掲の人文リンク集> 記事索引・目次・全文データベースに加え、人文リンク集> 歴史・地理・地域研究(日本)の地方史( http://rnavi.ndl.go.jp/humanities/entry/post-8.php#c )にあるデータベースや、岐阜県の郷土資料関係のウェブサイトを調査しましたが、情報は見当たりませんでした。
本文レベルの情報を、Googleブックス( https://books.google.co.jp/ )で検索しましたが、岐阜近辺の人物の情報は、貴館調査済みの資料13以外には見当たらず、松野平助(平介)との関係は不明です。

【 】内は当館請求記号
ウェブサイトの最終アクセス日は、2016年9月6日

●資料
1. 谷口克広 著. 織田信長家臣人名辞典. 第2版. 吉川弘文館, 2010.11.【GB12-J29】
*p.451「松野平介」
*出典として『武家事紀』、『惟任謀反記』、『信長記 池田本』、『信長公記』があげられています。

2. 穂積町史編纂委員会 編. 穂積町史. 通史編. 上,下巻. 穂積町, 1979.3-10. 【GC124-52】
*上巻pp.105-108「五、松野平介」
*出典として『信長公記』、『美濃明細記』、『山鹿語類』、『吉田氏略叙』があげられています。

3. 素行子山鹿高興 著. 武家事紀. 上,中,下巻. 山鹿素行先生全集刊行会, 大正4-7【YD5-H-335-370】
*上巻p.470の上段に、松野平介の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/946584/256  インターネット公開256コマ目

4. 山鹿素行 著. 新編武家事紀. 新人物往来社, 1969.【GB8-3】
*資料3から譜伝、家臣など5項目を抜粋編成したものです。
*pp.474-475「松野平介」

5 近藤瓶城 編. 史籍集覧. 第13冊. 改定. 近藤出版部, 1906.【210.08-Si571-K】
*『国史大辞典』によれば、『惟任謀反記』は『惟任退治記』の別名です。
*「第百二十三 惟任退治記」のp.337に、松野平介一忠の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920348/174  インターネット公開174コマ目

6. 太田牛一 [著] ; 岡山大学池田家文庫等刊行会 編. 信長記. 福武書店, 1975. 16冊 (別冊共) 【GK99-16】
*写本の複製のため、記述箇所の特定はしていません。貴館でも所蔵しているようですので、ご確認ください。

7. 近藤瓶城 編. 史籍集覧. 第19冊. 改定. 近藤出版部, 1921.【210.08-Si571-K】
*「信長公記」巻15のpp.255-256に、松野平介の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920322/187 インターネット公開187-189コマ目

8. 伊東実臣 著 | 間宮宗好 著. 美濃明細記 | 美濃雑事記. 一信社出版部, 昭和7.【610-134】
*p.247に、松野平助の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1214422/137  インターネット公開137コマ目

9. 山鹿素行 著. 山鹿語類. 国書刊行会, 1910-1911.【121.61-y】
*第2「臣道三 臣談」のpp.119-120に、松野平介の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991318/66  インターネット公開66-67コマ目

*第2「士談一」のp.446に、松野平介の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991318/231  インターネット公開231コマ目

10. 山口県教育会 編. 吉田松陰全集. 第1-12巻. 岩波書店, 昭14至15. 12冊【081.5-Y86aウ】
*第4巻「丁巳幽室文稿」のpp.279-284「吉田氏略叙」に、松野平介から吉田松陰までの系譜の記述があります。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1048658/144  インターネット公開144-147コマ目
*『解説吉田松陰遺文集. 〔正〕』【081.5-Y86-3ウ】のp.378に吉田家系図があります。(国立国会図書館デジタルコレクション図書館送信資料  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038104/202

11. 長沼賢海 著. 英雄の信仰. 実業之日本社, 大正3.【348-179】
*pp.175-182「十六、 織田信長の最後と松野一忠の殉難 」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950770/102  インターネット公開102-106コマ目

12. 谷至道 著. 禅により心身を錬磨せる英雄. 再版. 中央出版社, 大正15.【533-204】
*pp.201-206「二十六 信長と松野一忠 」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1018877/108  インターネット公開108-111コマ目

13. 穂積町史編纂委員会 編. 穂積町史. 史料編 巻3. 穂積町, 1977.3.【GC124-52】
*p.390「三六 松野氏由緒書」に、松野平介の名があります。
*pp.390-392の史料三八に、松野利右衛門の名が数か所ありますが、貴館で解読済みの資料三九とほぼ同内容のようです。
*p.383の史料二五に、姓は不明ですが利右衛門の名があります。

●ウェブサイト
・岐阜市歴史博物館( http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/
・岐阜県歴史資料館資料検索( http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11124/rekishi/kensaku/
・地域資料情報センター - 岐阜大学( http://rilc.forest.gifu-u.ac.jp/
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『穂積町史 史料編』(pp.392-394は解読済)、『松野一族』、『穂積のあゆみ』
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000209876解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!