このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209504
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20160012
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2017年02月08日 19時53分更新日時
(Last update)
2017年03月13日 16時24分
質問
(Question)
江戸時代,川路聖謨が長崎に出張するときに書いた日記に,尾道に立ち寄ったことが書かれている。その日記が読みたい。
回答
(Answer)
次の資料に,尾道に立ち寄ったことが記されていた。

『長崎日記・下田日記』(川路聖謨/著,藤井貞文,川田貞夫/校注,平凡社,1968(東洋文庫124))
 p.28-29 [嘉永6(1853)年11月]廿三日 晴(時々微雪。四十五度、寒し)
  「七ツ時備後国尾のみち〔道〕に止宿いたす。」
 p.124-125 [嘉永7(1854)年2月]六日 くもり、夕雨
  「九ツ半時〔午後一時〕過尾道へ止宿。」
回答プロセス
(Answering process)
1 川路聖謨について調査した。
  『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社/著,朝日新聞社,1994)
   p.484 川路聖謨
    「幕末の幕府官僚。豊後(大分県)日田代官所属吏内藤吉兵衛の子。(略)筒井政憲と共に露使応接掛として長崎へ出張。」とあるが,日記については記述がなかった。
  『国史大辞典3』(国史大事典編集委員会/編,吉川弘文館,1983)
  p.715 かわじとしあきら 川路聖謨
  「聖謨は平素文筆に親しんで多くの遺著を残したが、遠国奉行中の日記をはじめ、露使と応接した『長崎日記』『下田日記』(略)に収められる。」とあり,著書に『長崎日記』があることが分かった。

2 当館の蔵書を調査した。
  当館の蔵書検索でタイトルに「長崎日記」,著者名に「川路聖謨」を入力して検索した。『長崎日記・下田日記』(川路聖謨/著,藤井貞文,川田貞夫/校注,平凡社,1968(東洋文庫124))がヒットした。

3 資料を確認した。
  『長崎日記・下田日記』のうち,「長崎日記」の記述を確認した。
  江戸から長崎に向かう途中の嘉永6年11月23日に,尾道に止宿したことが記載されていた。
  また,江戸へ戻る途中の嘉永7年2月6日にも,尾道に止宿したことが記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社/著,朝日新聞社,1994) ( p.484 川路聖謨「幕末の幕府官僚。豊後(大分県)日田代官所属吏内藤吉兵衛の子。(略)筒井政憲と共に露使応接掛として長崎へ出張。」)
『国史大辞典3』(国史大事典編集委員会/編,吉川弘文館,1983) (p.715 かわじとしあきら 川路聖謨「聖謨は平素文筆に親しんで多くの遺著を残したが、遠国奉行中の日記をはじめ、露使と応接した『長崎日記』『下田日記』(略)に収められる。」)
『長崎日記・下田日記』(川路聖謨/著,藤井貞文,川田貞夫/校注,平凡社,1968(東洋文庫124)) (p.28-29 廿三日 晴(時々微雪。四十五度、寒し)「七ツ時備後国尾のみち〔道〕に止宿いたす。」p.124-125 六日 くもり、夕雨「九ツ半時〔午後一時〕過尾道へ止宿。」)
キーワード
(Keywords)
川路聖謨
長崎日記
尾道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000209504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!