このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000208868
提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺-2016-006
事例作成日
(Creation date)
2016年12月08日登録日時
(Registration date)
2017年02月05日 10時16分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 14時39分
質問
(Question)
 奥田義人と本多静六が、足尾鉱山において、師と生徒として交流があったという内容の本を「昔、中之島図書館で読んだと思う」が、もう一度読みたい。(昔だが、10年もたっていないと思う。タイトルの一部、著者名、出版社、文庫か単行本かなど、まったく覚えていない)
回答
(Answer)
『本多静六体験八十五年』(大日本雄辯会講談社 1952年刊)を岡山県立図書館より借用し、提供したところ、質問者よりこの本だとの回答を得た。ただし、同書には質問内容に関わる記述はなかった。
回答プロセス
(Answering process)
 まず、堺市立図書館所蔵資料から調査を開始。
①足尾銅山関係の資料を調査、該当なし。
②「奥田義人」著作は3冊所蔵(すべて府立所蔵あり)、内容確認するが、該当なし。
③「本多静六」著作を調査、『世界ノンフィクション全集』36巻に収録の『体験85年』p.413に「なお当時新進気鋭の法律学の教授であり、かつ幹事を兼ねていた奥田義人先生(後の文部大臣・東京市長)が、・・・」という記載あり、利用者に確認。現在他書誌で、同内容の資料(『本多静六自伝体験八十五年』を借りて読んでいるが、その本のことではない、とのことである。

 次に、大阪府立図書館所蔵資料を調査。
①足尾銅山関係の資料(堺市未所蔵資料)を協力貸出で取り寄せ現物確認。該当なし。
②中之島図書館所蔵資料(堺市所蔵あり)
 『人生と財産 私の財産告白』 本多 静六/著 日本経営合理化協会出版局 2000年
⇒渋沢栄一など、本多静六が出会ったいろいろな人の話はたくさん出ていたが、奥田義人に関しての記載は確認できず。
(中之島図書館所蔵の「本多静六」著作は3冊。2冊はタイトル・内容から質問内容に該当しないと思われたため、取り寄せず)
④大阪府立図書館にE-レファレンスにて照会。以下、大阪府立図書館の回答より。
⇒依頼の図書は見つけられず。
⇒「足尾銅山鉱毒事件を巡る農学者群像」(2016/12/7現在)
http://www.hiryokagaku.or.jp/data_files/view/246/mode:inline  p.111
・第2次鉱毒調査委員会
 奥田義人氏 法制局長官の時に委員長
 本多静六氏 東京帝大農科大学教授の時に委員
 (接点はこのあたりかと推察される。)
※この資料には、「師と生徒として交流があった」という記述は確認できず。

 以上のことから、いったん「該当資料は確認できず」と質問者に回答したが、後日、質問者より『本多静六自伝体験八十五年』の改題改訂前の資料である『本多静六体験八十五年』(大日本雄辯会講談社 1952年刊)を読みたいと依頼あり。「再編集・改題書」であるが、大阪府内に所蔵がなく、質問者の強い希望により、岡山県立図書館より協力貸出で借用した。質問者は「この本が見たかった本だ」と借りて帰ったが、当館所蔵のものと同内容である。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
人生訓.教訓  (159 8版)
参考資料
(Reference materials)
『世界ノンフィクション全集』 36 中野 好夫/[ほか]編集 筑摩書房 1962年 (P.413)
『本多静六自伝体験八十五年 東大教授にして大富豪、近代日本が生んだ最高の哲人が自ら綴った努力と奮闘の一代記』 本多 静六/著 実業之日本社 2006年 (P.89)
『人生と財産 私の財産告白』 本多 静六/著 日本経営合理化協会出版局 2000年
『本多静六体験八十五年』 本多 静六/著 大日本雄弁会講談社 1952年 (P.71) 
国会図書館デジタル送信( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1707088
キーワード
(Keywords)
奥田義人
本多静六
足尾鉱山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
大阪府立中央図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
 質問者は高齢であり、記憶がはっきりしていない。
「いつ、どこで」があやふやであり、本のサイズ、タイトルの一部分や、出版社など、書誌事項が一切不明であったため、調査が難航した。
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000208868解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!