このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000208759
提供館
(Library)
神奈川県学校図書館員研究会 (5000008)管理番号
(Control number)
照会-2016-109-1
事例作成日
(Creation date)
2017年01月23日登録日時
(Registration date)
2017年02月03日 16時42分更新日時
(Last update)
2018年05月22日 16時20分
質問
(Question)
1年生「現代社会」で、「義務教育の完全無償」「高校も義務教育に含めるか」について調べ物を行う。よい資料があれば紹介してほしい。できれば新書以外のものがよい。
回答
(Answer)
『ニッポンの貧困』中川雅之 日経BP社 2015 
*教育費の家計負担の国際比較グラフあり。公立でも中高一貫校進学は「就学援助」が減額されるとも。

『お金と暮らしの生活術 新版』大藪千穂 昭和堂 2011 
*高等学校にかかる教育費リストあり(出典は文科省:子どもの学習費調査)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
義務教育そのものについて論じられている本は所蔵していなかったが、子どもの貧困に関する資料がいくつかあった。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
中川雅之 著 , 中川, 雅之, 1982-. ニッポンの貧困 : 必要なのは「慈善」より「投資」. 日経BP社, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026674269-00 , ISBN 9784822279219
大藪千穂 著 , 大藪, 千穂, 1962-. お金と暮らしの生活術 新版. 昭和堂, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011192697-00 , ISBN 9784812211359
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000208759解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!