このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000207354
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001071
事例作成日
(Creation date)
2016/10/19登録日時
(Registration date)
2017年01月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月01日 14時20分
質問
(Question)
60歳になったら「還暦」のお祝いをしてもらうが、それ以降も長寿の年祝いがあったと
思うが何というのか?
出来れば由来も知りたい。
回答
(Answer)
※年齢は数え年
 
61歳【還暦】・・・61歳で生まれた年と同じ干支に還ることから
70歳【古希(こき)】・・・中国・唐の詩人杜甫の詩「人生七十古希稀なり」に由来
77歳【喜寿(きじゅ)】・・・「喜」の字を草書体にくずすと「七十七」と読めることから
80歳【傘寿(さんじゅ)】・・・「傘」の略字が「八十」と読めることから
88歳【米寿(べいじゅ)】・・・「米」の字を分解すると「八十八」になるから
90歳【卒寿(そつじゅ)】・・・「卒」の字が「九十」と読めることから
99歳【白寿(はくじゅ)】・・・「百」の字から「一」を取ると「白」の字になることから
100歳【百寿(ひゃくじゅ)】・・・文字通り100歳になったお祝い
回答プロセス
(Answering process)
しきたりや年中行事の本に記述あるがあるのではないかと思い、3番(386)の棚を
ブラウジングしたところ、下記資料に年祝いの記述あり。
お客様と一緒に確認。
  
(1)日本のしきたりがわかる本 新谷尚紀/監修 主婦と生活社 2008.2
    P94 長寿のお祝いの名称と由来の記述あり
       100歳以降の名称もあり。 
 
(2) 季節の行事と日本のしきたり 新谷尚紀/監修 毎日コミュニケーションズ
    P101 長寿祝いの名称と由来がイラスト付で記述あり
  
(3)小笠原流日本のしきたり 小笠原清忠/著 ナツメ社 2008.6
    P103 長寿の祝いの記述あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386)
参考資料
(Reference materials)
日本のしきたりがわかる本 新谷尚紀/監修 主婦と生活社 2008.2 386.1, ISBN 978-4-391-13526-8
季節の行事と日本のしきたり 新谷尚紀/監修 毎日コミュニケーションズ 2007.12 386.1, ISBN 978-4-8399-2508-6
小笠原流日本のしきたり 小笠原清忠/著 ナツメ社 2008.6 386.1, ISBN 978-4-8163-4502-9
日本人の一年と一生 石井研士/著 春秋社 2005.2 386.1, ISBN 4-393-29157-3
キーワード
(Keywords)
しきたり
行事
ならわし
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000207354解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!