このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000207352
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001075
事例作成日
(Creation date)
2016/10/25登録日時
(Registration date)
2017年01月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年02月02日 18時00分
質問
(Question)
北海道産のあずき「豊祝」の読み方が知りたい。インターネットで「豊祝」を調べたら農産物の通販サイトなどがヒットしたが、読み方はわからなかった。
回答
(Answer)
明確な回答にはたどりつけなかった。ただ、北海道産の豆類に「豊緑(トヨミドリ)」「トヨアカリ」という品種名のものがあったため、「トヨ~」と読むのではないかと推測。
→後日調査により「ホウシュク」と判明(2016/10/28)
回答プロセス
(Answering process)
1.検索画面で、一般件名“豆類”、所蔵ありで検索したところ、いくつか豆類の事典らしき本が見つかったので、利用者と一緒に閲覧するが、該当のものは見つからず。
 
(利用者退館後追加調査)
2グーグルで“豊祝&豆”と検索
→食品販売のサイトがヒット
 その中に「豊祝は、北海道小豆の中でも最も粒の大きい小豆を選りすぐった高級ブランドです。
 (中略)品種はエリモ、きたのおとめ、きたろまん、サホロとなっております。」との記載もあり、
 特定の品種名ではない可能性もある。
 
(2016/10/28 追加調査)
3.Google検索“エリモ小豆”“豊祝”
→和菓子屋サイトヒット
 和菓子名に豊祝(ほうしゅく)あり。使用小豆は豊祝
    
4.キーワードを“豊祝”&”ホウシュク”でGoogle再検索
 →和菓子店2件ヒット
 ・「特選エリモ小豆の中の特別大粒な小豆を豊祝と言い、豊作でも希少」
 ・「北海道産最高級小豆「豊祝(ホウシュク)」」
 
 さらにキーワード“小豆”&“ホウシュク”ではその他和菓子屋サイトがヒット
 豊祝をホウシュクと読む説明が多数であったため、調査終了
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食用作物  (616)
参考資料
(Reference materials)
日本の豆ハンドブック 長谷川清美/著 文一総合出版 2016.7 616.7, ISBN 978-4-8299-8139-9
お豆なんでも図鑑 石谷孝佑/監修 ポプラ社 2013.4 616.7, ISBN 978-4-591-13249-4
豆の事典 渡辺篤二/監修 幸書房 2000.2 616.7, ISBN 4-7821-0172-4
すべてがわかる!「豆類」事典 加藤淳/監修 世界文化社 2013.10 616.7, ISBN 978-4-418-13335-2
キーワード
(Keywords)
小豆
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000207352解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決