このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206548
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-101
事例作成日
(Creation date)
2016年07月07日登録日時
(Registration date)
2017年01月14日 15時35分更新日時
(Last update)
2017年03月15日 14時11分
質問
(Question)
スポーツ科学の研究・知見を生かして、市民に成果を還元したい。参考となる資料、先進事例を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料、情報を紹介した。

1 図書・雑誌
『スポーツイベントのマーケティング』(間宮聰夫[ほか]編著 市村出版 2010)
 p138-240「7章 生涯スポーツイベントとマーケティング戦略事例」に「日本スリーデーマーチ」等14例のスポーツイベントのマーケティング事例あり。
『体育の科学 Vol.62』(杏林書院 2012.9)
 「特集:健康・スポーツ施策の動向」
 p644-650「健康づくりのための運動基準2006の改定の手順と方向性」等スポーツ・健康施策に関する記事あり。

2 雑誌論文
(1)《CiNii Articles》
二宮雅也著「「健康サービス産業」分野におけるスポーツ産業の発展に関する研究―「健康サービス産業創出支援事業」及び政策動向に着目して―」(「上智大学体育 40」p33-50 上智大学 2007.2)( http://ci.nii.ac.jp/naid/110006405507  国立情報学研究所)
 p41に「表4 スポーツ産業主体による健康サービス産業への取り組み」として3事例、企業と大学、又は企業と大学と自治体による取り組み例あり。
 p41-44に3事例「熟年体育大学リサーチコンソーシアム」(長野県松本市)、「仙台ウエルネス・コンソーシアム」(宮城県仙台市)、「大東ダイナミックプロジェクトについて」(大阪府大東市)の紹介あり。いずれも自治体も取組に関わっている。

遠藤大哉著「総合型地域スポーツクラブへの所沢市民の期待に関する報告」(「早稲田大学人間科学研究 第13巻第1号」p113-125 早稲田大学 2000)( http://ci.nii.ac.jp/naid/110004631379  国立情報学研究所)
 大学の社会還元という観点から企画している「ワセダスポーツアカデミー」に関連して行った所沢市民への調査、一般市民が「スポーツクラブ」にどのような期待を持っているかについて報告である。

宮内孝知著「スポーツを通して地域に開かれた大学の可能性と課題-大学の運動施設を活用したクラブ運営の事例-」(「大学体育 29(3)」p109-114 全国大学体育連合 2003.3)( http://ci.nii.ac.jp/naid/110008691991  国立情報学研究所)
 ワセダスポーツアカデミーの事例報告である。

永谷稔[ほか]著「大学を拠点とした総合型地域スポーツクラブ化への模索について」(「北海道浅井学園大学短期大学部研究紀要 第43号」p43-52 北海道浅井学園大学短期大学部 2005.3)( http://ci.nii.ac.jp/naid/110004628157  国立情報学研究所)
 大学の現代社会、地域社会への還元としての総合スポーツクラブ「AOC (浅井学園オープンカレッジAsaigakuen Open College)スポーツクラブ」の事例報告。

内藤正和著「運動・スポーツを通した大学の地域貢献に関する研究」(「愛知学院大学心身科学部紀要 第2号増刊号」p69-76 愛知学院大学 2007.3)( http://ci.nii.ac.jp/naid/110006424696  国立情報学研究所)
 大学資源の地域での活用に関する論文である。

(2)「健康・スポーツ科学センター所報 第8巻 久留米大学」( http://www.mii.kurume-u.ac.jp/~kenspo/shohou/8.pdf  久留米大学)
 「巻頭言」に健康・スポーツ科学センターについて、スポーツ科学・スポーツ医学等の研究成果を地域住民に還元しているとあり。
 p24-「地域への取り組み」として各市で行った講座の概要あり。

3 インターネット情報
《スポーツマネジメント研究室 地域連携活動事業報告会を開催しました》( https://www.ygu.ac.jp/info/detail.php?id=8SsEXAvC  山梨学院大学)
 文部科学省の「スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業」に関する内容で、山梨学院大学と山梨県笛吹市で連携事業を行ったとの記述あり。

《平成25年度「スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業(大学・企業のスポーツ資源を活用した地域コミュニティ活性化促進事業)」事業選定結果について》( http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/05/1335040.htm  文部科学省)
 「スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業」対象事業として「大学等において、スポーツ医・科学の研究成果を活用した地域のスポーツ指導者の養成等、スポーツを通じた地域貢献活動を実施。」の記述あり。
 平成25年度の事業参加団体として自治体名、教育委員会名と連携先の大学名の一覧あり。埼玉県内は吉見町と武蔵丘短期大学の連携事例あり。

《(報道資料)「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」関係者連絡協議会の発足について~北大阪急行線の新駅(箕面船場駅)拠点整備をめざして~》( https://www.city.minoh.lg.jp/machidukuri/houdou/sportshealthcare.html  箕面市)
 「トップアスリートの運動器検診やリハビリ指導実践により蓄積したデータを基に予防医学研究を進め、住民に還元して健康寿命の延伸モデルをつくります。」「これらすべてのリソースを一般住民に広く還元することにより、運動機能の低下防止や介護予防など、住民の健康寿命の延伸をめざします。」とあり。

《関西大学社会連携部》( http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/partnership/case_list/index.html  関西大学)
 「地域連携事例集」>「文化 スポーツ振興」に「市民の健康増進と競技力向上のためのスポーツ教室 ~スポーツ科学の体現を目指して~」あり。
 「地域住民を対象に各種スポーツ教室を実施しています。からだの動きの基本から専門的な技術指導まで、スポーツ科学の理論と実践を統合した指導を行っています。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 スポーツ関連の図書を調査する
2 自館目録を全項目〈スポーツ & 住民〉〈スポーツ施策〉〈スポーツ & 施策〉、出版年〈2000年以降〉で検索したが、該当なし
3 《Google ブックス》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈スポーツ & 住民 & 還元〉で検索するが該当なし
4 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈スポーツ科学 & 住民 & 還元〉で全文検索する
5 《国会図書館リサーチ・ナビ》( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  国会図書館)を〈スポーツ施策〉で検索するが、関連しそうなものは所蔵なし
6 《国会図書館 NDL-OPAC(雑誌記事索引)》( https://ndlopac.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈スポーツ施策〉で検索する
7 NDC分類〈780〉の書架を調査する
8 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈スポーツ科学 & 地域 & 連携〉〈スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業〉〈スポーツ科学 & 住民 & 還元〉で検索する
9 《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)を〈スポーツを通じた地域〉で検索する。スポーツによる地域活性化についての論文が多数ヒットする

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年7月7日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 9版)
参考資料
(Reference materials)
『スポーツイベントのマーケティング』(間宮聰夫、野川春夫編著 市村出版 2010)
『体育の科学 Vol.62』(杏林書院 2012.9)
「上智大学体育 40」(p33-50 上智大学 2007.2)
「早稲田大学人間科学研究 第13巻第1号」(p113-125 早稲田大学 2000)
「北海道浅井学園大学短期大学部研究紀要 第43号」(p43-52 北海道浅井学園大学短期大学部 2005.3)
「愛知学院大学心身科学部紀要第2号増刊号」(p69-76 愛知学院大学 2007.3)
キーワード
(Keywords)
スポーツ科学
スポーツ施策
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000206548解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決