このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206176
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001018938
事例作成日
(Creation date)
2016/10/20登録日時
(Registration date)
2017年01月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月12日 00時30分
質問
(Question)
列車出発案内表示の「こんど」が先発、「つぎ」が次発となる根拠を知りたい。
回答
(Answer)
明確な根拠は見当たりませんでしたが、「こんどは最も現在に近く位置するものについていう」と複数の辞書に書かれています。
「こんど」と「つぎ」についての辞書の記述は以下のとおりです。

『日本国語大辞典 第5巻 けんえ-さこい』(小学館国語辞典編集部/編集 小学館  2001.5) 
p.1121「こんど(今度)」
・たびたび生じる一連の出来事を時間の流れの中でとらえた際に、最も現在に近く位置するものについていう。
・近い将来生じるものについていう。この次。次回。 ⇒ 言い換えとして「この次」、「次回」の記述があります。
『日本国語大辞典 第9巻 ちゆうひ-とん』(小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001.9)
p.264「つぎ(次)」
・後に接続すること。あとにすぐ続くこと。また、そのもの。

『大辞泉 上巻 あ-す』(松村明/監修 小学館 2012.11)
p.1388 「こん‐ど 【今度】」
・最も近い将来。この次。次回。「―の休みに山へ行く」
この次が今度の項目の言い換えとして記載されています。
『大辞泉 下巻 せ-ん』(松村明/監修 小学館 2012.11)
p.2402「つぎ(次)」
・すぐあとに続くこと。また、そのもの。「―の日曜」「―の角を曲がる」

『三省堂類語新辞典』(中村明/編 三省堂 2005.11)
p.1244 「今度(こんど)」
・最近あったことや、ごく近い将来のこと。「今度来た課長」「今度の選挙」
・次の機会「また今度」、「今度にしよう」
p.1244「次(つぎ)」
順番が一つ後であること。「次の機会」「次になすべきこと」「この次」

『学研現代新国語辞典』(金田一春彦/編 学研教育出版 2012.12)
p.533 「今度(こんど)」
・近い将来に行われることを言う語。この次。次回。
p.936「次(つぎ)」
・時間・壱・階級・順位などがすぐあとに続くこと(もの)。また、その所「つぎの会合」「つぎの間」

『類語大辞典』(柴田武/編 講談社 2002.11)
p.1199  「今度」
「現時点に近い過去、または近い未来」「現時点に近いとき」の記述があります。
p.1314 「次の」
すぐあとに続いている様子。

鉄道関係では次の資料に記述がありました。
『外国人留学生から見た大阪ことばの特徴 例文英訳付』(彭/飛/著 和泉書院 1993.4)
p.97~98に「豆知識」「動詞・名詞における大阪・東京での相違をめぐって」の項目があり、
p.98「電車ホーム 大阪:先発、次発 東京:こんど、つぎ」の記述があります。

『鉄道なるほど雑学事典(PHP文庫)』(川島令三 PHP研究所 1999.1)
p.151 「「こんど」と「つぎ」ではどちらが先に発車する?」の見出しがあり、
「私鉄などで、電車の発車の順番を表示するのに、伝統的な「先発」「次発」に代わって、「こんど」「つぎ」と表示するところがある。(略)一般的に「こんど」「つぎ」を使う場合はふつう、どちらも同じ意味。たとえば、「こんどの日曜日」も「つぎの日曜日」も、同じ日のことだ。なのに、「こんど」と「つぎ」を一緒に使われたのでは、どちらが先か迷ってしまう。これは「こんど」のほうが先。辞書にも「こんど」の意味として、今回という説明があり、「つぎ」よりも早い感じがするというのがその理由らしい。」と書かれています。

[事例作成日:2016年10月20日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813 8版)
鉄道運輸  (686 8版)
参考資料
(Reference materials)
日本国語大辞典 第5巻 第2版 小学館国語辞典編集部∥編集 小学館 2001.5 (1121)
日本国語大辞典 第9巻 第2版 小学館国語辞典編集部∥編集 小学館 2001.9 (264)
大辞泉 上巻 第2版 松村/明∥監修 小学館 2012.11 (1388)
大辞泉 下巻 第2版 松村/明∥監修 小学館 2012.11 (2402)
三省堂類語新辞典 中村/明∥編 三省堂 2005.11 (1244)
新明解類語辞典 中村/明‖編 三省堂 2015.8 (1103)
学研現代新国語辞典 改訂第5版 金田一/春彦∥編 学研教育出版 2012.12 (533, 936)
外国人留学生から見た大阪ことばの特徴 彭/飛∥著 和泉書院 1993.4 (97-98)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000206176解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!