このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205990
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001020363
事例作成日
(Creation date)
2016/11/15登録日時
(Registration date)
2017年01月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月08日 00時30分
質問
(Question)
牛の「骨密度」が分かる資料を探しています。また、「骨密度」の数値は「骨のかたさ」を表しているのでしょうか。
回答
(Answer)
まず、「骨密度」について調べました。「骨のかたさ」とは異なるようです。

1)『医学書院医学大辞典』(伊藤正男/総編集 医学書院 2009.2)
p.996 骨密度 [bone mineral density][骨塩重量]の説明に続いて、計測方法5種類の名称(DXA法、QCT法、pQCT法、MD法、QUS法)の説明があります。

2)また、人間の場合ですが、次のような説明がありました。

『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2015年版』(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会/編 日本骨粗鬆症学会 2015.7)
第1章 骨粗鬆症の定義・疫学および成因
A. 骨粗鬆症の概念および定義
CQ 概念と定義および診断基準はどのように変化してきたか
p.2 骨強度=骨密度(約70%)+骨質(約30%:微細構造、骨代謝回転、微笑骨折、石灰化)

次に、「骨密度(bone mineral density)」をキーワードにして牛の骨密度がわかる資料を探しましたが、グラフのみで、明確な数値はわかりませんでした。

1)前谷文美[ほか]「DXA法を用いたホルスタイン種雌牛の骨密度測定と血中骨代謝マーカー値の比較」『産業動物臨床医学雑誌』5(4) 2015.1) p.191-196
p.192 図1 骨密度と日齢の関係

インターネットでも閲覧可能です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlac/5/4/5_191/_article/-char/ja/ (2016/11/15現在)

2)前谷文美[ほか]「DXA法を用いた尾骨の骨密度測定方法の検討」『産業動物臨床医学雑誌』6(1) 2015.7) p.11-13
p.12 図1 尾骨の骨密度と日齢の関係

図2 各個体の1椎目と2椎目における尾椎の骨密度の比較

こちらもインターネットで閲覧可能です。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlac/6/1/6_11/_pdf (2016/11/15現在)

[事例作成日:2016年11月15日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家畜.畜産動物.愛玩動物  (645 8版)
参考資料
(Reference materials)
医学書院医学大辞典 第2版 伊藤/正男∥総編集 医学書院 2009.2 (996)
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン 2015年版 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会‖編集 日本骨粗鬆症学会 2015.7 (2)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlac/5/4/5_191/_article/-char/ja/  (前谷文美[ほか]「DXA法を用いたホルスタイン種雌牛の骨密度測定と血中骨代謝マーカー値の比較」『産業動物臨床医学雑誌』5(4) 2015.1) p.191-196(2016/11/15現在))
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjlac/6/1/6_11/_pdf  (前谷文美[ほか]「DXA法を用いた尾骨の骨密度測定方法の検討」『産業動物臨床医学雑誌』6(1) 2015.7) p.11-13(2016/11/15現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000205990解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!