このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205983
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001020380
事例作成日
(Creation date)
2016/11/16登録日時
(Registration date)
2017年01月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月08日 00時30分
質問
(Question)
1980年代から日米合同軍事演習が始まったと聞いたことがあるのですが、それから現在まで、毎年例外なく合同演習が行われていますか。
回答
(Answer)
1.歴史

次の資料によると、1978年「日米防衛協力のための指針(Guidelines for Japan-U.S. Defense Cooperation)」策定以降、活発になってきたようです。

1)防衛省・自衛隊「日米防衛協力のための指針」
78「指針」(2016/11/10現在)
http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/shishin/#a78g

2)福田毅「日米協力における3つの転換: 1978年ガイドラインから「日米同盟」までの道程」『レファレンス』56(7)(国立国会図書館調査及び立法考査局  2006.07) p.143-172 
II 第1の転機:1970年代ー協力基盤の確立
3 日米間の防衛協力
p.153に記載があります。

次のURLからアクセスできます。(2016/11/10現在)
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/200607_666/066607.pdf

3)松尾高志「激化する日米共同演習」『これからの日米安保 総合特集シリーズ38(法学セミナー増刊)』(日本評論社  1987)p.196-216

p.197 ●80年代の見える安保としての「日米共同演習」、●年々規模を拡大した共同演習 について記述があります。

4)防衛省のホームページで、平成22年度からの記録が公開されています。

防衛省統合幕僚幹部
活動情報(2016/11/10現在)
http://www.mod.go.jp/js/Activity/Exercise/exercise.htm

5)『日本の防衛 平成28年版 (防衛白書)』(防衛省/編 日経印刷 2016.7)
p.460 資料編「防衛年表」にも記載がありました。
 

2.現状
『日本の防衛 平成28年版 (防衛白書)』(防衛省/編 日経印刷 2016.7)

p.430 資料32 主な日米共同訓練の実績(平成27年度)の記載があります。
 ※各回、期間・場所・日本側・米国側・備考の説明があります。
 ※「日米韓合同演習」「環太平洋合同演習(Rim of the Pacific Exercise:リムパック)」の訓練についての記述はありません。 

『日本の防衛 平成28年版 (防衛白書)』は、インターネットでも公開されています。(2016/11/10現在)
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/w2016_00.html
資料32 主な日米共同訓練の実績(平成27年度)
資料編 防衛年表 


[事例作成日:2016年11月16日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防史.事情.軍事史.事情  (392 8版)
参考資料
(Reference materials)
レファレンス 国立国会図書館調査立法考査局 国立国会図書館調査及び立法考査局  56(7)<666> (143-172)
これからの日米安保 日本評論社 1987 (196-216)
日本の防衛 平成28年版 防衛省‖編集 日経印刷 2016.7 (430、469)
http://www.mod.go.jp/j/approach/anpo/shishin/#a78g  (防衛省・自衛隊「日米防衛協力のための指針」78「指針」(2016/9/1現在))
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/200607_666/066607.pdf  (福田毅「日米協力における3つの転換: 1978年ガイドラインから「日米同盟」までの道程」『レファレンス』56(7)(国立国会図書館調査及び立法考査局  2006.07) p.143-172(2016/9/1現在))
http://www.mod.go.jp/js/Activity/Exercise/exercise.htm  (防衛省統合幕僚幹部「活動情報」(2016/9/1現在))
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/w2016_00.html  (『日本の防衛 平成28年版 防衛白書』(2016/11/10現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000205983解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!