このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205981
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001020098
事例作成日
(Creation date)
2016/11/10登録日時
(Registration date)
2017年01月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月08日 00時30分
質問
(Question)
淡水と海水を行き来する魚(回遊魚)の分類とそれぞれについて代表的な魚、その特徴・養殖について書かれた本を教えてほしい。
回答
(Answer)
●回遊魚の分類と代表的な魚について
・『川と海を回遊する淡水魚:生活史と進化』(後藤晃/[ほか]編 東海大学出版会 1994.10)p.2-5
産卵や採餌に関連して淡水と海水を行き来する魚を「通し回遊魚」といいます。代表的なものには、ウナギを代表とする「降河性回遊魚」とサケ類を代表とする「遡河性回遊魚」があります。

「降河性回遊魚」とは、海洋で産卵を行い幼期に淡水に遡上・採餌して成長し、産卵のために海洋に戻る習性がありますが、それに対して、「遡河性回遊魚」は、淡水で産卵を行い、海洋に出て成長。産卵のために淡水に戻ります。

・『水産海洋ハンドブック』(竹内俊郎/編 生物研究社 2016.3)
p.114「表2.2.5 回遊魚の分類」のうち「通し回遊魚」の部分を抜粋します。
Ⅰ.通し回遊魚(diadromous fish)
  A.降河性回遊魚(catadromous fish):ウナギ、アユカケ、ヤマノカミ
  B.遡河性回遊魚(anadromous fish):
  1)降海型(sea-run form):シロザケ、カラフトマス、サクラマス、
     ベニザケ、オショロコマ、アメマス、イトウ、ワカサギ、シロウオ、
     シシャモ
    2)残留型(resident form):ヒメマス、ニジマス、ヤマメ、アマゴ、
     カラフトイワナ、ミヤベイワナ、エゾイワナ
  C.両側性回遊魚(amphidromous fish):
   1)海水型(seawater form):スズキ、ヨシノボリ、カンキョウカジカ
    2)淡水型(freshwater form):アユ、ハナカジカ、ウツセミカジカ

●代表的な回遊魚の特徴などについて

[ウナギ]
降河性回遊魚であるウナギの特徴・養殖について、次の資料に記述がありました。
・『ウナギ大回遊の謎(PHPサイエンス・ワールド新書 058)』(塚本克己/著 PHP研究所 2012.6)
・『ウナギの博物誌』(黒木真理/編著 化学同人 2012.10)
・『旅するウナギ:1億年の時空をこえて』(黒木真理/著 東海大学出版会 2011.7)
・『ウナギ養殖業の歴史 (筑波書房ブックレット)』(増井好男/著 筑波書房 2013.10)
明治から平成までのウナギ養殖の歴史について記述があります。
・『ウナギ資源の現状と保全 (月刊海洋)』(海洋出版 2008.6)
生物学的見地に立った論文、資源・経済と文化・歴史に関する論文、その保全についての論文からなっています。
・『うなぎを増やす 二訂版(ベルソーブックス 010)』(廣瀬慶二/著 成山堂書店 2014.8)
ウナギの生態から最近の養殖事情、話題まで記述しています。
・『淡水魚 水産増養殖システム』(隆島史夫/編  恒星社厚生閣 2005.12)
p.271-284 「25.ウナギ」の章があります。


[サケ類]
遡河性回遊魚のうち降海型のサケ類についての特徴・養殖について、次の資料に記述がありました。
・『水産海洋ハンドブック』(竹内俊郎/編 生物研究社 2016.3)
p.176-178 第3章 水産資源管理
「3.7.9 サケ・マス類」の項にサケ・マス類の生態・養殖についての記述があります。
・『サケマス・イワナのわかる本』(井田齊/著 山と溪谷社 2012.7)
サケ科魚類の基礎知識、サケ科魚類学、サケ科魚類の起源と系統、分類と検索、生体の特徴や個々のサケ科魚類についての絵入り解説、人工種苗、サケ科魚類の多様性、サクラマス、ニジマスについては1章を費やして取り上げられています。
・『日本サケ・マス増殖史』(小林哲夫/著 北海道大学出版会 2009.2)
サケ・マスの生物学的説明、増養殖についての歴史が詳しく説明されています。
・『淡水魚 水産増養殖システム』(隆島史夫/編  恒星社厚生閣 2005.12)
p.15-21に「3.サケ(.シロザケ)」の章があり、生物学的特徴、増養殖環境、放流用種苗の生産、病気と対策、放流、漁業利用と課題について記述があります。
・『サケの世界市場:アグリビジネス化する養殖業』(佐野雅昭/著 成山堂書店 2003.4)
日本と海外におけるサケ養殖の現状、技術的特徴、問題点などが記されています。
・『鮭・鱒 1 (ものと人間の文化史 133-1)』(赤羽正春/著 法政大学出版局 2006.4)
p.153—259 サケ・マスの生態について記述があります。
・『鮭・鱒 2 (ものと人間の文化史 133-2)』(赤羽正春/著 法政大学出版局 2006.4)
p351-401にサケ・マスの増養殖について記述があります。

[事例作成日:2016年11月10日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
水産増殖.養殖業  (666 8版)
脊椎動物  (487 8版)
参考資料
(Reference materials)
川と海を回遊する淡水魚 後藤/晃∥[ほか]編 東海大学出版会 1994.10 (2-5)
水産海洋ハンドブック 第3版 竹内/俊郎‖編 生物研究社 2016.3 (114、176-178)
ウナギ大回遊の謎 塚本/勝巳∥著 PHP研究所 2012.6
ウナギの博物誌 黒木/真理∥編著 化学同人 2012.10
旅するウナギ 黒木/真理∥著 東海大学出版会 2011.7
ウナギ養殖業の歴史 増井/好男∥著 筑波書房 2013.10
ウナギ資源の現状と保全 海洋出版 2008.6
うなぎを増やす 2訂版 廣瀬/慶二‖著 成山堂書店 2014.8
淡水魚 隆島/史夫∥編 恒星社厚生閣 2005.12 (15-21、271-284)
サケマス・イワナのわかる本 井田/齊∥著 山と溪谷社 2012.7
日本サケ・マス増殖史 小林/哲夫∥著 北海道大学出版会 2009.2
サケの世界市場 佐野/雅昭∥著 成山堂書店 2003.4
鮭・鱒 1 赤羽/正春∥著 法政大学出版局 2006.4 (153-259)
鮭・鱒 2 赤羽/正春∥著 法政大学出版局 2006.4 (351-401)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000205981解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!