このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000205970
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001020232
事例作成日
(Creation date)
2016/11/15登録日時
(Registration date)
2017年01月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月08日 00時30分
質問
(Question)
東京湾岸地域の開発・埋立ての推移がわかる資料を探しています。特に築地や豊洲について知りたいと思います。
回答
(Answer)
次の資料を確認しました。

1、地図など
(1)『東京湾21世紀構想: 魅力あるウォーターフロントの創造』(海洋産業研究会/編 鹿島出版会 1987.12)
p.15 図1-16 臨海部の主要工場(『東京湾の現況』運輸省第2港湾建設局 1987.3 p.19からの引用)
A5サイズのページ上1/2に、白黒で工場名の記入された地図があります。地名は記入されていません。

(2)『新時代の東京湾: 東京湾港湾計画の基本構想』(運輸省第二港湾建設局/編 大蔵省印刷局 1997.3)
p.30 29.東京湾における埋立ての推移
A4サイズのページに、埋立年代別に色分けされた地図があります。地名・工場名は記入されていません。
 明治・大正期
 昭和元年ー20年
 昭和21年ー30年
 昭和31年ー40年
 昭和41年ー50年
 昭和51年ー60年
 昭和61年ー平成8年9月末
 免許認可・施行中

(3)小荒井衛・中埜貴元「面積調でみる東京湾の埋め立ての変遷と埋立地の問題点」『国土地理院時報』124(国土地理院 2013.12)p.105-115
p.109 図ー3 大正時代以降の地勢図でみた東京湾岸の埋立地の変遷
A4サイズのページ下1/2に、埋立年代別に色分けされた地図があります。地名は記入されていますが、工場名は記入されていません。
 1923(関東大震災)以前の陸地
 1923(関東大震災)-昭和30年前半(1960年)頃までの埋立地
 昭和30年前半(1965年)頃から1973年頃までの埋立地
 1973年頃から1990年代初め頃までの埋立地
 1990年代初め頃から現在までの埋立地

2、開発など
(1)『東京港史 第1巻-[1] 通史』(東京都港湾局/[ほか]編 東京都港湾局 1994)
 第1編 中世から近世の江戸湊
 第2編 明治期から第2次世界大戦までの東京港
 第3編 第2次世界大戦以後の東京港
※全330p、 図版16p。

(2)『東京港史 第1巻-[2] 通史』(東京都港湾局/[ほか]編集 東京都港湾局 1994)
適宜、写真・図表などが掲載されていますが、埋立・開発などの経緯はほとんど文章による説明です。

第2編 東京港の運営
第1章 港湾施設の管理運営
第4節 港湾施設の整備拡充とその管理運営
1 公共施設の整備とその管理運営
 (1)日の出埠頭
 (2)芝浦埠頭
 (3)竹芝ふ頭
 (4)品川埠頭
 (5)晴海埠頭
 (6)朝潮埠頭
 (7)月島埠頭
 (8)豊洲埠頭
 (9)10号地その2埠頭
 (10)建材埠頭
 (11)貯木場の管理運営
 (12)臨港鉄道の管理運営

p.392 (8)豊洲埠頭
 「豊洲埠頭は、戦後、日本経済の復興に活躍したエネルギー基地であり、当時の基幹産業であった電力、ガス、鉄鋼、石炭の4ブロックに分かれた専門埠頭である。・・・・・」

第3編 埋立事業
第2章 埋立地の管理処分
第3節 埋立地処分方針の整備
3 豊洲埠頭埋立地の処分
 (1)電力埠頭  p.946「東京電力が火力発電所を建設することになった。・・・・・昭和29年・・・・・」
 (2)ガス埠頭  p.947「東京ガスの豊洲工場が建設されたのは・・・・・昭和29年・・・・・」
 (3)鉄鋼埠頭  p.947「昭和32年位に東京鉄鋼埠頭が設立された。・・・・・」

・遠藤毅「東京臨海部における埋立ての歴史(地学クラブ講演要旨)」『地学雑誌』113(4) (東京地学協会 2004.8)p.534-538
江戸時代から約400年間の埋立・造成の推移を概観した内容です。

こちらはインターネットで公開されています。(2016/11/10現在)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/113/4/113_4_534/_pdf

(3)遠藤毅「東京臨海部における埋立ての歴史」『地学雑誌』113(6) (東京地学協会 2004.12)p.485-801
上記「地学クラブ講演要旨」に加筆した内容で、推移がわかる詳しい地図が増えていますが、工場名はありません。

こちらもインターネットで公開されています。(2016/11/10現在) 
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/113/6/113_6_785/_pdf

3.その他(参考)

(1)『築地市場: クロニクル1603-2016』(福地享子/著 朝日新聞出版 2016.3)
「はじめに」によると、「1章から7章まで、この本は、ある年代に起きたことをまとめた短編集。お話は、基本的に見開き完結。文章などすっ飛ばして、写真を眺めるだけでもいいようにつくりました。」とのことで、写真や図版を多用した構成になっています。
第1章 築地市場24時間の鼓動
第2章 日本橋と京橋、ルーツはふたつの河岸に
第3章 巨大復興建築としての点景
第4章 激動の昭和、開場・戦争・復興
第5章 築地400年の時空散歩
第6章 伝統と風景、日々是好日
第7章 昭和の宿題、豊洲市場への道

(2)『深刻化する土壌汚染』(畑明郎/編 世界思想社 2011.1)
畑明郎「第4章 東京・築地市場移転先の東京ガス豊洲工場跡地の土壌汚染問題」
著者は、元・日本環境学会の会長です。

[事例作成日:2016年11月15日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
河海工学.河川工学  (517 8版)
参考資料
(Reference materials)
東京湾21世紀構想 海洋産業研究会∥編 鹿島出版会 1987.12 (15)
新時代の東京湾 運輸省第二港湾建設局∥編 大蔵省印刷局 1997.4 (30)
国土地理院時報 国土交通省国土地理院 国土交通省国土地理院  124(2013.12) (109)
東京港史 第1巻-[1] 東京都港湾局∥[ほか]編集 東京都港湾局 1994
東京港史 第1巻-[2] 東京都港湾局∥[ほか]編集 東京都港湾局 1994 (392 946 947)
地學雜誌 東京地学協会 東京地学協会  113(4)<995> (534-538)
築地市場 福地/享子‖著 朝日新聞出版 2016.3
深刻化する土壌汚染 畑/明郎∥編 世界思想社 2011.1
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/113/4/113_4_534/_pdf  (遠藤毅「東京臨海部における埋立ての歴史(地学クラブ講演要旨)」『地学雑誌』113(4) (東京地学協会 2004.8)p.534-538(2016/11/10現在))
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jgeography1889/113/6/113_6_785/_pdf  (遠藤毅「東京臨海部における埋立ての歴史」『地学雑誌』113(6) (東京地学協会 2004.12)p.485-801(2016/11/10現在))
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
図・絵
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000205970解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決