このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000204673
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-089
事例作成日
(Creation date)
2016年04月01日登録日時
(Registration date)
2016年12月23日 13時48分更新日時
(Last update)
2017年03月15日 13時24分
質問
(Question)
神主になるための資格や試験、神社を設立するための申請などの仕組みを知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『神道事典』(国学院大学日本文化研究所編 弘文堂 1994)
 p150 コラム「神職になるには」あり。
 p134 「神道養成機関」の項目に関連する記述あり。

『宗教家になるには なるにはbooks 75』(島田裕巳著 ぺりかん社 2014)
 p154 國學院大学神道文化学部専門科目の紹介あり。

『宗教法人ハンドブック 設立・会計・税務のすべて』(実藤秀志著 税務経理協会 2014)
 神道に関わらず、宗教法人を設立する際の制度や具体的事務について記述されている。

《国立国会図書館デジタルコレクション》
「神社実務提要:関係法規の解説」(市川豊平著 神社新報社 1967)
 p30「神社が宗教法人となるためには、法人設立の手続きをしなければならない。」などの記述あり。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3003087  国会図書館)24コマ 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開
回答プロセス
(Answering process)
1所蔵資料を調査する
『神さまお宮鎮守の森 神社のすべてが判る123のポイント』(小野迪夫著 京都 中外日報社 1985)
 p373 「なお、神社本庁には「中央研修所」があり、そこで定期的に講習会等があって、これを受講の上、神職資格を取得する道があるが、これには  受講資格に種々の条件を倶う。」との記述あり。

『神道事典』(回答資料)
『宗教家になるには なるにはbooks 75』(回答資料)
『宗教法人ハンドブック 設立・会計・税務のすべて』(回答資料)
 
2 インターネット情報を調査する
(1)《国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈神社 & 法〉で検索する。
「神社実務提要:関係法規の解説」(回答資料)

(2)《ウィキペディア》( https://ja.wikipedia.org/wiki/  ウィキメディア財団)を〈神職〉で検索する。
「神職になる方法」あり。
参考文献に「神道 図解雑学」(井上順孝編著 ナツメ社 2006)あり。該当資料を確認するが質問に関連する記述なし。
  
(3)《神社本庁ホームページ》( http://www.jinjahoncho.or.jp/  神社本庁) 
神職・神社設置に関する記述なし。

ウェブサイトへの最終アクセスは2016年12月28日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 9版)
参考資料
(Reference materials)
『神道事典』(国学院大学日本文化研究所編 弘文堂 1994), ISBN 4-335-16023-2
『宗教家になるには なるにはbooks 75』(島田裕巳著 ぺりかん社 2014), ISBN 978-4-8315-1377-9
『宗教法人ハンドブック 設立・会計・税務のすべて』(実藤秀志著 税務経理協会 2014), ISBN 978-4-419-06192-0
キーワード
(Keywords)
神社
神職
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000204673解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決