このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000204232
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 16-0028
事例作成日
(Creation date)
2016/10/14登録日時
(Registration date)
2016年12月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年12月22日 00時30分
質問
(Question)
『北東アジア古代文化の研究』(菊池 俊彦∥著 北海道大学図書刊行会 1995) p164~166にかけての記述によると、「コツガイ(骨嵬)」「クイ(苦夷)」「カイ(蝦夷)」は、アイヌ民族を指す呼称とのこと。さらに詳述されているところによると、「ギリャーク民族がアイヌ民族を指して呼ぶクギあるいはアムール河下流域のツングース系民族がアイヌ民族を呼ぶクイに比定される」とのこと。
 以上のことを含め、「コツガイ(骨嵬)」「クイ(苦夷)」「カイ(蝦夷)」について、そのほかの資料ではどういった記述があるか調査している。
該当の記述がある資料を探してほしい。
 なお、参考文献もあわせて紹介してほしい。
回答
(Answer)
図書および雑誌については、次のとおり関連の記述がある。
・『古代蝦夷とアイヌ』(回答資料1)
  p126~140「蝦夷名義考」    カイ説の根拠や苦夷の語原案のほか、アイノについての記述も若干あり。
・『北日本中世史の研究』(回答資料2)
  p223~268「13~16世紀の東アジアとアイヌ民族」    骨嵬、クイ、カイなどの呼称について、考察した記述がある。
・『アイヌ史を見つめて』(回答資料3)  
  p105~110「アイヌ民族自称の変遷」    特にp108には、「骨嵬」や「クイ」「カイ」についての記述がある。
・『北方文化研究 通巻12号』(回答資料4)  
  p39~74「オホーツク文化の起源と周辺諸文化との関連」   特にp67では、「骨嵬の界とあるのは、既にアイヌ    民族が樺太の南部を占拠していた状況を指している」として、それについて詳細な記述があった。
・『アイヌ文化成立史』(回答資料5)  
  p301~302「オホーツク文化の終末」  
   「樺太のアイヌ民族は、元代には骨嵬、明代以降は苦兀、苦夷、庫野、庫頁、庫葉と記され、クイ、クギという    音を写したものである。」との記述があった。

論文については、「国立国会図書館サーチ」や「CiNii」で調査。  該当する内容の論文は少数で、図書および雑誌での掲載が確認できたので、そちらを紹介。  
 ・『學苑 通巻701号』(回答資料6)   
   p119~150「クイ(骨嵬、蝦夷)
・ギレミ(吉里迷)の抗争とオホーツク文化の終焉」(大葉昇一著)  骨嵬、蝦夷と表記されたクイ(カイ)=アイヌについて検討、それらの呼称についての記述がある。
・『東アジアの民族的世界 境界地域における多文化的状況と相互認識』(回答資料7)
   p125~146「骨嵬・苦兀・庫野 中国の文献に登場するアイヌの姿」(中村和之著)
   「アイヌを指すという証拠を示すことができるのは、元代の骨嵬が初めである。」として、各時代の文献に登場するアイヌの姿について考察した記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 古代蝦夷とアイヌ 金田一 京助∥著 工藤 雅樹∥編 平凡社 2004.6 ア.0/KO p126-140

2 北日本中世史の研究 羽下徳彦∥編 吉川弘文館 1990.2 210.3/HA p223-268

3 アイヌ史を見つめて 平山 裕人∥著 北海道出版企画センター 1996.1 ア.2/HI p105-110

4 北方文化研究 通巻12号 北海道大学文学部附属北方文化研究施設 北海道大学文学部 1979.3 Z304 p39-74

5 アイヌ文化成立史 宇田川洋∥著 北海道出版企画センタ- 1988.10 ア.2/U/イ p301-302

6 學苑 / 昭和女子大学光葉会 [編] 通巻701号 昭和女子大学光葉会 昭和女子大学光葉会 1998.9 Z301 (一般資料)p119-150

7 東アジアの民族的世界 境界地域における多文化的状況と相互認識 佐々木/史郎?編 加藤/雄三?編 有志舎 2011.3 389.2/HI (一般資料)p125-146

8 北東アジア古代文化の研究 菊池 俊彦∥著 北海道大学図書刊行会 1995.2 210.2/KI 【事前調査資料】p164-166
キーワード
(Keywords)
コツガイ
 骨嵬
 クイ
 苦夷
 カイ
 蝦夷
アイヌ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000204232解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決