このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203627
提供館
(Library)
京都女子大学附属小学校図書館 (5300001)管理番号
(Control number)
2016-41
事例作成日
(Creation date)
2016年12月19日登録日時
(Registration date)
2016年12月19日 15時32分更新日時
(Last update)
2016年12月19日 15時32分
質問
(Question)
『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』の紅子は魔法使いなんですか?(5年生児童)
回答
(Answer)
紅子は魔法使いだと考えられる。
回答プロセス
(Answering process)
廣嶋玲子さんの著作『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』の出版社である偕成社のHPには
下記のとおりの記載がある。

 「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」のお店は、悩みをかかえる選ばれた人ではないとたどりつけない、
 ちょっと変わった駄菓子屋です。でも、運良く出会ったら、あなたもきっとすぐに
 銭天堂のとりこになってしまうはず! なぜなら、店の女主人、紅子(べにこ)
 がその人の悩みにあったぴったりの駄菓子をみつけてくれるからなのです。
 例えば、しわで悩んでいる女性には、食べるとしわがなくなる「しわとり梅干し」、
 長男でいることに疲れた男の子には、兄弟の順番を入れ替えられる「兄弟だんご」。
 ところが、食べたら万事解決!といかないのがこの「銭天堂」シリーズの面白さです。
 使い方を間違えると、その人は瞬く間に幸福を失ってしまいます……。
 幸福になるか、不幸になるかは結局その人次第なんですね。
  http://www.kaiseisha.co.jp/news/publish/755-20150501.html (2016.12.19確認)

また、『広辞苑 第六版』によると、魔法つかいとは、魔力をはたらかせて不思議なことを
行う術を持った人という定義づけができる。

紅子は悩みを抱えた人にしか見えない駄菓子屋にいて、その人にピッタリな駄菓子を
売り、不思議な現象を生じさせている。

以上から、『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』の登場人物である紅子は魔法使いであると考えられる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
廣嶋 玲子/作 , jyajya/絵 , 広嶋‖玲子 , jyajya. ふしぎ駄菓子屋銭天堂 [1]. 偕成社, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I047241356-00 , ISBN 9784036356102
キーワード
(Keywords)
ふしぎ駄菓子屋銭天堂
魔法使い
魔術
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
読書
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000203627解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter


レファ協とは?

図書館員等の方へ

おすすめデータ

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ