このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203579
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000908
事例作成日
(Creation date)
2016/12/12登録日時
(Registration date)
2016年12月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月04日 14時26分
質問
(Question)
「ミルクムナリ」(日出克作曲)のタイトルの意味を知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供した。


「沖縄名作の舞台」 (琉球新報社編・刊、2003.3)
p179-180 「ミルクムナリ」の項に、「「ミルク」は弥勒からきているが、「ムナリ」は「踊り」というインドネシア語。ミルクの踊りをするという造語。作曲した日出克が、当時同じ横浜に住んでいた後輩の南島詩人・平田大一に、「口説をつけてくれ」と依頼した。平田はこれに小浜節の口説をつけることを提案し、「ミルクムナリ」と名付けた。平田はインドネシアを旅したことがあり、ミルクが踊るというイメージからつけられた。」とある。


「ピアノでうたう沖縄の唄(下巻)」 (小林一夫編、中央アート出版社、2013.5)
p58 「ミルクムナリ」の項に、「日出克(ひでかつ)が目指しているのは無国籍音楽。(中略)ミルクとは【弥勒(みろく)様】のことで、ムナリはインドネシア語で【踊る】という意味で、豊年の踊り。」とある。(歌詞はあるが、訳は無い。)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄名作の舞台 琉球新報社∥編 琉球新報社 2003.3 K77/R98 p179-180
2 ピアノでうたう沖縄の唄 下巻 小林/一夫∥編 中央アート出版社 2013.5 K76/KO12/2 p58
キーワード
(Keywords)
ミルクムナリ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203579解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!