このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203314
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000878
事例作成日
(Creation date)
2016/12/15登録日時
(Registration date)
2016年12月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月04日 13時50分
質問
(Question)
人頭税を歌った民謡や詩歌などの資料を探している。
回答
(Answer)
下記資料を提供した。

①『八重山の人頭税』(大浜 信賢、三一書房、1971年)
下記、民謡と人頭税とのかかわりについて記述がある。
p131-135 「人頭税とヌべーマの悲劇」
p137-154 「婦女子の人頭税・貢衣布」
p193-204 「人頭税と民謡勃興」

②『あさぱな』(八重山人頭税廃止百年記念事業期成会記録誌、南山舎、2003年)
p108-114 「人頭税(御用布上納)と女性」の項で歌の記述がある。

③『青い海 第5巻第8号・通巻第46号』(青い海出版社 編・刊、1975年)
p92-99 「人頭税制下の宮古女性史」(島尻勝太郎著)の「女性の生活」(p97-98)の項で、「民謡カニスマ」や「クイチャーアヤゴ」について記述ある。

④『宮古島庶民史』(稲村 賢敷、三一書房、1972年)
p303-316 「第三章 封建制下の宮古島社会、三 人頭税と農民の生活」の項で、「石嶺ぬあこう木」、「かにすま唄」、「貢反布織のあやぐ」、「豆が花」について記述ある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
租税  (345 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 八重山の人頭税 大浜 信賢∥著 三一書房 1971.11 K345/O27 p131-135、137-154、193-204
2 あさぱな 八重山人頭税廃止百年記念事業期成会記録誌∥編集 南山舎 2003.9 K345/Y14 p108-114
3 青い海 第5巻第8号・通巻第46号 青い海出版社∥[編] 青い海出版社 1975.9 K05/A52/46 p92-99
4 宮古島庶民史 稲村 賢敷∥著 三一書房 1972.8 K24/I53 p303-316
キーワード
(Keywords)
人頭税
民謡
詩歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
当館所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000203314解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!