このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200967
提供館
(Library)
佐世保市立図書館 (2300056)管理番号
(Control number)
R1001025
事例作成日
(Creation date)
2016/07/12登録日時
(Registration date)
2016年12月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月21日 18時14分
質問
(Question)
サード(THAAD)について書かれている資料がないか。
回答
(Answer)
下記の2点を紹介
『航空情報 せきれい社 2016.3月号』
『「空を守る!」航空自衛隊の真実 朝雲新聞社/著 ベストセラーズ 2013.7 398.21』
回答プロセス
(Answering process)
1.「サード(THAAD)」でフリーワード検索
  →『航空情報2016.3』がヒット。
2.「サード」&「迎撃ミサイル」でフリーワード検索
  →『「空を守る!」航空自衛隊の真実』(398.21)がヒット(当館未所蔵、広川町立図書館所蔵) 
以上2点を紹介して調査終了
事前調査事項
(Preliminary research)
お客様からの聞き取り
韓国が国内に設置すると報道されている、アメリカが開発した迎撃ミサイル、サード(THAAD)について知りたい。
 
「THAAD」とは
《terminal high altitude area defense》米軍が運用する弾道ミサイル迎撃システム。戦域ミサイル防衛(TMD)の主要な構成要素の一つ。ミサイルが大気圏に再突入して着弾するまでの間(ターミナル段階)に、地上に配備した移動式ランチャーから迎撃ミサイルを発射し撃墜する。PAC-3よりも射程が広く、上空150キロメートルの高高度での迎撃が可能。以前は、「戦域高高度地域防衛」(theatre high altitude area defence)と呼ばれていた。ターミナル段階高高度地域防衛。終末段階高高度地域防衛。
[補説]弾道ミサイルの飛翔過程は、発射直後でロケットエンジンが燃焼している「ブースト段階」、宇宙空間を慣性飛行する「ミッドコース段階」、大気圏に再突入して目標に着弾するまでの「ターミナル段階」の3つに区分される。
"サード【THAAD】[terminal high altitude area defense]", デジタル大辞泉, JapanKnowledge, http://japanknowledge.com, (参照 2016-12-06)
NDC
空軍  (398)
参考資料
(Reference materials)
航空情報 2016/03 せきれい社 1951.10 538.05
「空を守る!」航空自衛隊の真実 朝雲新聞社 ベストセラーズ 2013.7 398.21, ISBN 978-4-584-20513-6 (広川町立図書館所蔵)
ジャパンナレッジ サード 【THAAD】 http://japanknowledge.com/lib/display/?lid=2001020553300 2016/12/6
キーワード
(Keywords)
サード(THAAD)
迎撃ミサイル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000200967解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!