このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200715
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
20161201
事例作成日
(Creation date)
1999年12月01日登録日時
(Registration date)
2016年12月02日 14時24分更新日時
(Last update)
2017年05月11日 11時59分
質問
(Question)
佐賀県の虹の松原に行ったときに、三保の松原ともう一つどこかと合わせて「三松原」と呼ばれていたことを思い出した。もう一つはどこだろうか?
回答
(Answer)
もう一つは気比の松原、もしくは天橋立です。
 
三松原(三大松原)はいくつか説があります。
 
①三保の松原(静岡県)
②天橋立(京都府)
③虹の松原(佐賀県)
 
①三保の松原(静岡県)
②気比の松原(福井県)
③虹の松原(佐賀県)
 
以上の3つをさすようです。
 
以前は、
①三保の松原
②天橋立
③千代の松原(九州箱崎)
 
という説もあったようですが、現在は千代の松原は「東公園」になっています。
回答プロセス
(Answering process)
①『名数数詞事典』をみる。
三保の松原(静岡県)、天橋立(京都府)、千代の松原(福岡)とある
 
虹の松原がない。
 
②『日本名数事典』をみる。
やはり上記の三つが上げられている。
 
③ネットで「三松原」で調べてみる。
三保の松原・虹の松原・気比の松原(敦賀)もしくは天橋立(京都府) 
 
④『郷土資料事典』のシリーズでそれぞれの松原を調べてみる。
 
◆「虹の松原」の項に、三大松原として「三保の松原・天橋立とともに三大松原の一つに数えられる」とある。
 
◆「千代の松原」は福岡市博多区の「東公園」に「かつては千代の松原として知られた白砂青松の海岸であった。わずかに当時の面影が残り老松が点在する園内には…」とあり、今は「松原」ではないようだ
 
◆「気比の松原」は、国の名勝地であるとはあるが、三大松原の記載はない。
「若狭国定公園は、この気比の松原から始まって西の天橋立までを指定範囲に含む」とある。
 
◆「三保の松原」は、三大松原の記載はない。
 
⑤『事典 日本の観光資源』(日外アソシエーツ)に「日本三大松原」あり。それによると
 
1 気比の松原
2 虹の松原
3 三保の松原
 
天橋立は「日本三景」「日本の白砂青松100選」に入っているが、「三大松原」には入っていない
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『事典・日本の観光資源』 日外アソシエーツ株式会社/編 日外アソシエーツ 2008年 【R 291.03】P501
『名数数詞辞典』 森睦彦/編 東京堂出版 1980年 【R 031.5】
『日本名数辞典』 朝倉治彦/編 東京堂出版 1974年 【R 031.5】
『郷土資料事典 40 福岡県』 人文社 1998年 【291】
『郷土資料事典 18 福井県』 人文社 1997年 【291】
『郷土資料事典 41 佐賀県』 人文社 1998年 【291】
『郷土資料事典 22 静岡県』 人文社 1997年 【291】
日本三大松原とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書
http://www.weblio.jp/content/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%89%E5%A4%A7%E6%9D%BE%E5%8E%9F (2016年11月30日確認)
福岡市博物館 アーカイブス 博多湾の松原展
http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/189/index.html (2016年12月1日確認)
キーワード
(Keywords)
三大松原
三松原
名数
松原
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000200715解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!