このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200362
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2016-008
事例作成日
(Creation date)
2014/04/11登録日時
(Registration date)
2016年11月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年12月27日 14時06分
質問
(Question)
俳句で見た「三衣(さんえ)」という言葉の意味が分かる資料はあるか。
回答
(Answer)
「三衣」という言葉の意味は、下記の資料に記載があります。
 
 〇『世界大百科事典』 平凡社 2007年
 〇『国史大辞典』5 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985年
 〇『岩波仏教辞典』 中村元/編集 岩波書店 2002年
 〇『仏教四文字熟語辞典』上 須藤隆仙/著 新人物往来社 1998年
 〇『袈裟のはなし』 久馬慧忠/著 法蔵館 2000年
 〇『日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典』 ひろさちや/著 大和出版 2000年
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料の内容確認
①『世界大百科事典』『国史大辞典』を確認。
 
 〇『世界大百科事典』 平凡社 2007年
  p.421「さんえいっぱつ(三衣一鉢)」の項目に「仏教の出家修行者すなわち比丘(びく)が所有を許された三種類の衣と鉢のこと。(中略)三衣とは、一番下に身に着けるアンタルバーサ、その上に着るウッタラーサンガ、そして時にさらにその上に着るサンガーティのことで、これらはいずれも形や大きさ、色、縫製法、着用法などが定められていた。三衣を総称して、袈裟ともいうが、これはその色にちなんだ名称である。(後略)」と記載あり。
 
 〇『国史大辞典』 5 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985年
  p.88「袈裟」の項目に「(前略)三衣を(一)安陀会(あんだえ)・(二)鬱多羅僧(うったらそう)・(三)僧伽梨(そうぎゃり)の三種とし、それぞれ区別して、(一)は内衣・下衣・道行衣・作務衣ともよばれて仕事着、(二)は上衣・入衆衣・院中衣・覆左肩衣ともよばれて日常着、(三)は大衣・重覆衣・説法衣・入王宮衣・高勝衣・九品衣などとよばれて晴着とされた。地質の布を裁断せずに、周囲に縁(へり)をめぐらしこう紐(こうちゅう)という懸け紐をつけたのを縵衣(まんえ)というが、普通に三衣は割裁衣(かっせつえ)とよんで裁断した布をはぎ合わせ、葉(よう)とよぶ重ね合わせの条列をそろえて仕立てるのを例とし、その縦の条数から安陀衣は五条衣、鬱多羅僧は七条衣、僧伽梨は、下品を九条衣・十一条衣・十三条衣、中品を十五条衣・十七条衣・十九条衣、上品を二十一条衣・二十三条衣・二十五条衣としている。(後略)」と記載あり。 
 
②上記により、仏教に関する言葉と判明したので、関連資料を確認。
 
 〇『岩波仏教辞典』 中村元/編集 岩波書店 2002年
  p.396-397「三衣(さんね)」の項目に「<さんえ>とも読む。出家の比丘が個人所有を許されていた3種の衣。1)僧伽梨(そうぎやり)は説法・托鉢・村落に赴く際に着用したことから、説法衣・乞食衣(こつじきえ)・入聚落衣(にゅうじゅらくえ)とも呼ばれる。2)鬱多羅僧(うったらそう)は上着。3)安陀衣(あんだえ)は、最も下に着ける下着を指した。(後略)」と記載あり。
   
 〇『仏教四文字熟語辞典』上 須藤隆仙/著 新人物往来社 1998年
  p.145「三衣一鉢(さんえいっぱち)」の項目に「三衣(サンネとも)は、九条・七条・五条の袈裟、鉢は修行僧の食器(応量器)をいい、僧の持ち物中、最も重要なもの。インドの出家修行僧には、これだけが持つことを許された。(後略)」と記載あり。
 
 〇『袈裟のはなし』 久馬慧忠/著 法蔵館 2000年
  p.32に「三衣(さんね)  五条衣・七条衣・大衣の三種類の袈裟」と記載あり。
 
 〇『日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典』 ひろさちや/著 大和出版 2000年
  p.188~189「袈裟」の項目に、「(前略)三衣とは、大衣(たいえ 二十五条袈裟または九条袈裟)、上衣(七条袈裟)、中衣(五条袈裟)をさす。横に組まれた布の条数が多いほどフォーマルなものとされた。(後略)」 と記載あり。
 
2、確認をしたが記載のなかった資料は以下の通り。
 ×『仏教語入門』 橋本芳契/著 法蔵館 1983年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
仏会  (186 9版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 11 平凡社 2007.9 031
国史大辞典 5 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985.2 210.033 4-642-00505-6
仏教四文字熟語辞典 上 須藤隆仙/著 新人物往来社 1998.2 180.33 4-404-02571-8
岩波仏教辞典 中村元/編集 岩波書店 2002.10 180.33 4-00-080205-4
袈裟のはなし 久馬慧忠/著 法蔵館 2000.11 185.7 4-8318-6410-2
日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典 ひろさちや/著 大和出版 2000.12 186 4-8047-5572-1
キーワード
(Keywords)
三衣
袈裟
仏教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000200362解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!