このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000199701
提供館
(Library)
塩尻市立図書館 (2310060)管理番号
(Control number)
塩尻337
事例作成日
(Creation date)
2016年07月16日登録日時
(Registration date)
2016年11月15日 19時26分更新日時
(Last update)
2017年01月27日 15時52分
質問
(Question)
浜離宮庭園について知りたい。浜離宮の変遷、大名庭園の中で浜離宮がどんな特徴をもつのか、ここには時代ごとに手を入れているが、どんな時代の影響をうけてどう直したのか、など。
回答
(Answer)
下記の資料に浜離宮庭園の成り立ちや特徴、歴代将軍の利用法の移り変わりなどが載っている。
回答プロセス
(Answering process)
①庭園としての特徴や造園について関心が高いようだったので、まず6類「造園」の資料を調べた
②江戸時代の大名庭園としての特色や将軍の意向で時代ごとの使われ方の変遷がありそうだとわかり、日本史の資料にもあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
浜離宮庭園には時代ごとに手を入れられているらしい。
NDC
日本史  (210 9版)
造園  (629 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】大橋治三, 斎藤忠一 編 , 大橋, 治三, 1927- , 斎藤, 忠一, 1939-. ヴィジュアル日本庭園鑑賞事典. 東京堂出版, 1993.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002281012-00 , ISBN 4490103573 (p.38~39「浜離宮恩賜公園庭園」写真や図版とともに沿革、潮入りの庭としての造りが載っている。)
【資料2】進士五十八 著 , 進士, 五十八, 1944-. 日本の庭園 : 造景の技とこころ. 中央公論新社, 2005. (中公新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007920039-00 , ISBN 4121018109 (p.47社交の場以外の軍事や武芸の実用の庭という面。P.163~「旧浜離宮恩賜庭園」様々な機能と活用事例が載っている。)
【資料3】岡本哲志 監修. 古地図で歩く江戸城・大名屋敷 : 歴史と地形で愉しむ江戸・東京. 平凡社, 2011. (別冊太陽. 太陽の地図帖 ; 006)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011140577-00 , ISBN 9784582945331 (p.44~45「浜離宮恩賜庭園」浜離宮の変遷(将軍家の鷹狩場から別邸。明治以降は外国人賓客の迎賓館へ。)
【資料4】安藤優一郎 著 , 安藤, 優一郎, 1965-. 大名庭園を楽しむ : お江戸歴史探訪. 朝日新聞出版, 2009. (朝日新書 ; 193)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010470156-00 , ISBN 9784022732934 (p.103~116「将軍の御庭を拝見した幕臣たちの日記」に庭の様子や維持活用、拝見した幕臣たちの記述あり。)
【資料5】飛田範夫 著 , 飛田, 範夫, 1947-. 江戸の庭園 : 将軍から庶民まで. 京都大学学術出版会, 2009. (学術選書 ; 044)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010509833-00 , ISBN 9784876988440 (p.66に「将軍の庭園」としての浜御殿、p.75~86「浜御殿の庭園」に歴代将軍がどう活用したか、p.122は近年の近隣発掘調査について、p.258は鴨場利用の記述あり。)
【資料6】江戸・関東の城下町. 平凡社, 1998. (太陽コレクション. 城下町古地図散歩. 9)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004479080-00 , ISBN 4582943195 (p.50~51に浜離宮付近の新旧地図と簡単な遍歴。P.52~53に浜御殿の絵巻と解説。)
【資料7】平井聖 監修 , 平井, 聖, 1929-. 大名と旗本の暮らし. 学習研究社, 2000. (Gakken graphic books deluxe ; 11. 図説江戸 ; 2)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002892889-00 , ISBN 4054012388 (p.107~108「大名庭園を巡る」浜離宮のはじまりや園内の様子が書かれている。地図や写真もあり。)
【資料8】大名というお仕事 : 幕府と家臣に縛られた大名たちの生き方を探る. 世界文化社, 1999. (ビッグマンスペシャル. お江戸の「仕事師」たち)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002830794-00 , ISBN 4418991328 (p.112「御浜御殿と甲斐徳川家」甲府宰相徳川綱重が拝領という記述あり。)
【資料9】山本博文 監修 , 蒲生眞紗雄, 後藤寿一, 一坂太郎 著 , 山本, 博文, 1957- , 蒲生, 眞紗雄 , 後藤, 寿一, 1948- , 一坂, 太郎, 1966-. 江戸時代265年ニュース事典. 柏書房, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023908445-00 , ISBN 9784760140732 (p.226~227「宝永四年(1707年)浜御殿の造営が開始される」別邸建築~庭園に造園・改修)
【資料10】小野健吉 著 , 小野, 健吉, 1955-. 日本庭園 : 空間の美の歴史. 岩波書店, 2009. (岩波新書 ; 新赤版1177)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010065621-00 , ISBN 9784004311775 (p.184~186「潮入の庭・楽寿園と浜御殿」に“潮入の庭”としての解説といろいろな見どころ)
【資料11】西山松之助 [ほか]編 , 西山, 松之助, 1912-2012. 江戸学事典. 弘文堂, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001699983-00 , ISBN 4335250134 (p.62~63「名園」の項目に浜離宮庭園の記述あり。成り立ちから改修、特色などが書かれている。)
【資料12】追川吉生 著 , 追川, 吉生, 1971-. 江戸のなりたち 1(江戸城・大名屋敷). 新泉社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008773999-00 , ISBN 9784787706188 (p.159~161「汐入の庭園」に写真のほか、汐入の池や鴨場の記述もある。)
キーワード
(Keywords)
浜離宮庭園
大名庭園
潮入の庭園
汐入の庭園
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
浜離宮庭園 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000199701解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決