このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000199142
提供館
(Library)
町田市立中央図書館 (2310058)管理番号
(Control number)
町田-166
事例作成日
(Creation date)
2007/07/17登録日時
(Registration date)
2016年11月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月04日 00時30分
質問
(Question)
エジソンが発明した白熱電球の明るさを知りたい。
回答
(Answer)
『年表で見るモノの歴史事典 上』p275に電球があり、その表に「1879年エジソンの最初の電球 1.0lm/w」とあり。

『たのしくわかる化学実験事典』p176「竹の乾留」の項目はエジソン電球の作成で、部屋を暗くしても読書ができる明るさとあり。

『エジソン』p105最終的にろうそく30本に相当する光を放った。とある。

『モノの歴史・技術の歩み』p180には1w当たり1~2ルーメン(明るさの単位。現在の電球は、1w当たり15ルーメン)の光を発したといわれている。明るさは現在の電球のおよそ150分の1しかなかったとある。

インターネットでも、2から4lm/wくらいだったのでは、とのこと。
回答プロセス
(Answering process)
『年表で見るモノの歴史事典 上』p275に電球があり、その表に「1879年エジソンの最初の電球 1.0lm/w」とあり。
これを『単位の辞典』(二村 隆夫監修/丸善/2002)で調べたところ、「ルーメン毎ワット」と読み、発光効率を表す単位とわかる。参考にはなるが、ハッキリしない。

百科事典やエジソンの伝記にも、白熱電球の光っていた時間の記載はあるが、明るさはほとんどのっていない。

物の歴史や、技術についての資料にあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術  (5 8版)
産業  (6 8版)
参考資料
(Reference materials)
年表で見るモノの歴史事典上ゆまに書房
丸善単位の辞典二村 隆夫/監修丸善
たのしくわかる化学実験事典左巻 健男/編著東京書籍
モノの歴史・技術の歩み日刊工業新聞社/編日刊工業新聞社
エジソンオーウェン・ギンガリッチ/編大月書店
キーワード
(Keywords)
エジソン(エジソン)
電球(デンキュウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000199142解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!