このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000199003
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
20161101
事例作成日
(Creation date)
1997年06月08日登録日時
(Registration date)
2016年11月01日 15時22分更新日時
(Last update)
2017年05月11日 12時00分
質問
(Question)
1266(文永三)年日本へ派遣された蒙古の使者が高麗で足止めをくった(日本にたどり着けなかった)件についての原史料が見たい
回答
(Answer)
出典のひとつとされる『高麗史日本伝(上)』をご覧ください。参考として『高麗史』(国書刊行会)もご提供します。
 
もうひとつの出典とされる『東国通鑑』は国会デジタルコレクションで見ることができます。
回答プロセス
(Answering process)
①『年表日本歴史 第3巻』(筑摩書房) P75に記事があるが、文永4年のことになっている。出典は『東国通鑑』とのこと
 
②『東国通鑑』の読みがわからない。「アズマ…」「トウゴク…」で国書総目録を確認するが出てこない
 
③『史料総覧 巻5』(東京大学史料編纂所) P130 文永三年12月30日記事を見つける
『年表日本歴史』と一年ずれるが…
 
④「東国通鑑」は、「トウゴクツガン」と読み、朝鮮の歴史書(国史大事典より) 
国会デジタルコレクションで「東国通鑑」が見られるが、よくわからない…。
 
⑤基本に戻る
『モンゴル襲来の衝撃(日本の中世9)』P54~
文永3年に出発し、文永4年正月に巨済島まできて、「風涛の険を恐れて引き返し、日本には到達しなかった」。
 
つまりこの話の出典を探せばよいわけだ。
…東国通鑑しかないのだろうか
 
⑥『蒙古襲来(戦争の日本史7)』(吉川弘文館)では、同じ出来事の出典として『高麗史日本伝』をあげている。
これなら岩波書店から出ている。当館では所蔵していないので県から取り寄せ手配。
 
⑦当館地下にあった『高麗史』をみる。漢文なのでとてもわかりにくいが、おそらくP394下段あたりがその記事だと思われる
 丁卯八年春正月:「~遥望対馬島見 大洋万里 風涛蹴天」 
 
⑧県立図書館から取り寄せた『高麗史日本伝(上)』を確認。
書き下し文と原文あり。
 
⑨元宗八年の記事だとわかったので、国会デジタルコレクションの『東国通鑑』に再チャレンジ。
該当部分を見つけることができた。
 
⑩『高麗史』と『高麗史日本伝』を提供。東国通鑑はデジタルコレクションを案内。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『高麗史日本伝 上』 武田幸男/編訳 岩波書店 2005年 【210.3】 P66 (家043)
『高麗史 第1』 市島謙吉/編 国書刊行会 1909年 【221】 P394 下段
『東国通鑑 巻之34,35』(出雲寺松柏堂) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/776396 (最終確認20161101) 18コマ目 (元宗)八年 冒頭の部分
『戦争の日本史 7』 吉川弘文館 2007年 【210.19】 P22
『史料綜覽 卷5(鎌倉時代之2)』東京大學史料編纂所/編纂 東京大学出版会 2009年 【K 210.08】P130
『年表 日本歴史 第3巻』井上光貞/〔ほか〕編集 筑摩書房 1981年 【210.03】
キーワード
(Keywords)
元寇
蒙古襲来
高麗
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000199003解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決