このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198906
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-93
事例作成日
(Creation date)
2016年10月29日登録日時
(Registration date)
2016年10月29日 12時58分更新日時
(Last update)
2017年03月27日 12時43分
質問
(Question)
祇園祭でちまきを売るときに歌われている歌がある。その歌詞を知りたい。
回答
(Answer)
祇園祭では宵山期間(前祭は7月14日~16日,後祭は7月21日~23日)中,各山鉾できれいに飾り付けられた厄除けちまきが,祭りに訪れた人たちに授けられます。大勢の子供たちが,浴衣姿でちまき売りのわらべ歌を,声を揃えてうたいます。
 「○○のお守りはこれより出ます
  常(つね)は出ません今晩かぎり
  ご信心のおん方さまは
  受けてお帰りなされましょう。
  蝋燭一丁,献じられましょう」
基本的なメロディは同じで,歌詞はほぼ上記のもののようですが,各山鉾の由来によってご利益が違い,それによって○○部分の歌詞が異なります。また7月16日と23日にだけ「常(つね)は出ません 今晩かぎり」が追加されるようです。


【資料1】p98 「占出山」の項 
「宵山の晩,会所には子供たちが大勢浴衣姿でお蝋燭の世話などかいがいしく立ち廻り,声を揃えてうたう。
安産のお守りはこれより出ます 常は出ません今晩かぎり
御信心のおん方さまは 受けてお帰りなされましょう」
p102 「霰天神山」の項
「宵山で子供たちはお守授与の受付に浴衣姿で坐って次の童唄をうたう。この旋律は楽譜の通りだが,ほかの山鉾「占出山」「太子山」等でもほぼ同様な文句とふしで唄っている。
雷除け火除けのお守りは,これより出ます。
常は出ません 今晩かぎり,御信心の御方さまは,
受けてお帰りなされましょう。
蝋燭一丁,献じられましょう。
子供達が声を揃えて唱うのを聞くと,いかにも宵山らしい雰囲気がただよってくる」
p104 「霰天神山わらべうた」の主旋律の楽譜と歌詞が掲載されています。
p126 「太子山」の項
「太子山では宵山に智恵のお守りを授与する。町内の子供たちは,
「聖徳太子,知恵のお守りはこれより出ます。御信心のおん方さまは,請けてお帰りなされましょう。蝋燭一丁,献じられましょう」
と大声ではやしている」

【資料2】p39 「占出山とか天神山などの町ではその席で,その主神のお守札を人々の請にまかせて授与するがその事に当たるのは皆町の子供たちで、かれらは2.3人ずつが一組になって,見物の人々に大声を張り上げ「雷除け火除け安産のお守りはこれより出ます,常は出ませぬ,今晩かぎり,御信心の御方様は受けてお帰りなされませえ」と呼びかける。其の独特の節回しをもった呼びかけは、別に「蝋燭一丁,献じられましょう」という声とともに、近くで行なわれている今宵最後の稽古囃子の音と混じって宵山のムードを一段と高めるのである」

【資料3】p236 「祇園祭のお札売り」の項
「占出山」と「霰天神山」の主旋律の楽譜と歌詞が掲載されています。

【資料4】p25 「祭の習俗」の項
「民間信仰的な習しをもつ山鉾もあり,それらは主に祭神(神体)にかかわる護符のかたちで現れる。
「♪雷除け 火除けのお守りを受けてお帰りなされましょう 常は出ません今晩かぎり御信心の御方様は 受けてお帰りなされましょう
♪ロウソク一丁 献じられましょう」
これは霰天神山のわらべたちが歌うお守り売りの口上歌である。
宵山を歩けば同様の歌声をあちこちで耳にし,それにひかれて護符を求め,ロウソクを献じたくもなるものだが,まずその主なものを上げてみよう。
○霰天神山 雷除け・火除け  ○山伏山 雷除け  ○保昌山 盗難除け・縁結び  ○油天神山 勧学成人(火除け)  ○太子山 智恵  ○鯉山 立身出世 ○船鉾・占出山 安産  ○郭巨山 お乳
護符はふつう「お札」や「お守り」といわれ,神仏の霊力を秘めるものとして,それを保持する人や物を守り助けると観念されている」

【資料5】p77 「占出山」,p79 「霰天神山」の歌詞が掲載されています。
p112 各山のちまき売りの歌詞のもとになっている,山鉾のご利益一覧があります。

【資料6】p136 「占出山」の歌詞が掲載されています。

オンラインデータベース「聞蔵Ⅱビジュアル」
2016年07月24日 朝日新聞朝刊 29頁 京都市内版
“(祇園祭 行司奮闘記)ちまきどうですか~/京都府 ”
「(前略)23日の宵山だけ,童歌に次の一節が加わった。♪明日は出ません,今晩限り~♪」
回答プロセス
(Answering process)
・“ちまき うた わらべ歌 祇園祭 祇園会”等のキーワードで当館所蔵資料を検索し,資料を確認。
・レファレンス協同データベースの「江戸時代における祗園祭りの“ちまき”について知りたい」( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175907 )を参考に資料を検索。
・オンラインデータベース「聞蔵Ⅱビジュアル」で“祗園祭 ちまき うた”を検索。 

確認するもちまき売りのわらべ歌についてはなかった資料
『京わらべうた』(高橋 美智子/採譜,中川 正文/文 駸々堂 1972)
『京都祇園祭 Kyoto Gion Festival』(中田 昭/著 京都新聞出版センター 2011)
『祇園祭』(芳井 敬郎/編著 松籟社 1994)
『ドキュメント祇園祭 都市と祭と民衆と』(米山 俊直/編著 日本放送出版協会 1986)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『祇園祭細見 山鉾篇』(松田 元/著 郷土行事の会 1990)
p98 占出山の項  p102 霰天神山の項 p104 わらべうたの主旋律の楽譜  p126 太子山の項
【資料2】『祇園祭』(祇園祭編纂委員会・祇園祭山鉾連合会/編集 筑摩書房 1976) p39
【資料3】『日本わらべ歌全集 15 京都のわらべ歌』(高橋美智子著 柳原書店 1979)
p236 祇園祭のお札売り (一) 占出山(二)霰天神山 の歌詞と採譜
【資料4】『祇園祭展』(京都市社会教育振興財団 1983)p25
【資料5】『祇園祭のひみつ』(白川書院 2015)
p77「占出山」 p79「霰天神山」
【資料6】『あんなのかぼちゃ』(高橋 美智子/著 京都新聞社 1998)
p136
キーワード
(Keywords)
祗園祭
ちまき
わらべ歌
占出山
霰天神山
太子山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000198906解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!