このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198894
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001412
事例作成日
(Creation date)
2016/01/12登録日時
(Registration date)
2016年10月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月01日 10時36分
質問
(Question)
幕末の加賀藩士 安井 顕比/和介(やすい あきちか/かずすけ、220石)について調べたい。
回答
(Answer)
・『角川日本姓氏歴史人物大辞典 17』に「安井顕比 やすい あきちか (1830-93)加賀藩士。字士順、号綿山、青軒。幕末に軍艦奉行・壮猶館主務などを務め、明治初期には太政官御用掛・金沢藩大参事などをはじめ、前田氏家扶を務めた。」とありました。『明治維新人名辞典』に「やすいあきちか 天保元年(1830)6月12日-明治26年(1893)9月7日 <諱>顕比 <称>源太郎・和介 <雅>綿山・青軒 <生>金沢 <身>加賀藩士族 <系>父は安井顕久 <禄>220石 <参>『石川県史』『加賀藩史料』『加越能維新勤王史略』 改作奉行・壮猶館・軍艦奉行を歴任。文久・元治の激動期には加賀藩勤皇党を側面から指導した。」以下、約1/3頁にわたり説明がありました。
「壮猶館」については『金沢市教育史稿』『加能郷土辞彙』、「加賀藩勤皇党」については『加賀藩勤王始末』で確認いただけます。なお「壮猶館」については国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1123720 )『加能郷土辞彙』コマ番号245でも確認できます。

・『加賀藩史料 藩末篇上巻』「横山政和覚書」に「一、後日有名なる人にて、此派より出し人は安井和介・木村九左衛門・奥村善右衛門なり。」とありました。

・『加賀藩史料 藩末篇下巻』明治元年の792p「恭敏公記史料」に「三月八日。朝廷以安井顕比。命軍防掛。」の記載がありました。同年860p「五月。新潟裁判所権判事安井和助その職を辞せんことを請ふ」とあり「近藤集書」の謹言が約1pにわたり掲載されていました。続いて「西東風説補遺」の謹言が約2pにわたり掲載されていました。明治2年の1048p「恭敏公記史料」に「五月四日。朝廷免従五位下安井顕比徴士職務。依其請也。顕比返上位階。」とありました。同年「御用方手留」の「九月七日。廃執政参政」で始まる文章のなかに、安井顕比の名がありました。

・著作に『前田三代言行実記草稿』『青軒遺稿』がありました。『青軒遺稿』は、国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧できます。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/924726

・『地域社会の歴史と人物』の「新政権成立期における有才登用の経緯 -加賀(金沢)藩の岡田雄次郎・安井和介の場合-」(徳田寿秋)59pに「早い時期に徴士に任命され、(中略)徴士廃止まで新政府の官吏を務めたのが安井和介(顕比・220石)であり、(中略)このように、貢士や徴士に任命された者は、彼らが人持組以下の中下級藩士の出自であり、藩内では有才として評価されていた人たちであったことから、一定の人材登用がなされたことが見て取れる。」とありました。また67-68pに明治2年7月8日の再度の藩治職制の改革でについて「この人事で注目されるのは、先の藩治職制において、家禄500石という中級藩士ながら執政に追加任命された岡田雄次郎が、大参事という最高位に就いたこと、また、家禄220石の下級藩士安井和介が、権大参事に抜擢された点であるといえる。」以下1p弱わたり、人事考察が述べられています。

・『利通暗殺』の「序章 維新と金沢」に「安井顕比 登用のいきさつ~反対勢力の台頭 が記され、「安井一派は小幡造次を除いてことごとく野に下り、かわって杉村寛正、陸義猶、坪内金吾、久島彦次郎、加藤恒、米山道生、長谷川準也、大塚志良(長谷川の弟)等が県政の中枢についた。」とありました。

・『郷土の烈士先覚に続かん 上』に「安井顕比」の項目があり、先述の活動のほか、明治6年に「蝦夷地開拓の建議書を政府に上り」とありました。

・『加越能維新勤王史略』に「安井和介顕比」の項目がありました。国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1175973 )コマ番号36「0036.jp2」でご確認ください。

・『史談会速記録 第10輯』に「明治26年3月7日午後1時一同着席安井顕比君臨席」「明治26年3月8日午後1時一同着席安井顕比君臨席(前回続1)」「明治26年3月10日午後1時一同着席野口之布君君臨席(前回続2)」がありました。国立国会図書館デジタル化送信サービスで閲覧可能なので、最寄の参加館で閲覧ください。( http://dl.ndl.go.jp/ja/soshin_librarylist.html

・『石川百年史』の「長閥と薩閥 県令・内田政風1」に、木戸孝允との交流や西南戦争の発生を予言したことなどが記されています。

・『石川県史』第2編、3編に「安井顕比」の記載があります。内容については「TRC-ADEAC」( https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ1200/WJJS21U/1700105100 )で「安井顕比」で検索すると7件
「安井和介」3件がヒットしますので、そちらでご確認ください。

・『石川県史』第4編「第2章 政党政派 第1節 県政の発端と忠告社」のなかで、安井顕比についての記述がありました。国立国会図書館デジタルコレクションでご確認ください。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1186851

・『近世絵図地図資料集成 第1期第11巻[C]』にて安井顕比旧蔵、安政2年9月 「亀谷ヨリ有峰マデ道程見取之図」の複製(金沢市立玉川図書館蔵:特16.78-031)の複製がご覧いただけます。

・国立公文書館デジタルアーカイブ( http://www.digital.archives.go.jp/ )で検索すると「安井顕比」5件、「安井和介」10件ヒットし、一部文書はデジタル画像でご確認いただけます。 うち「故 安井顕比(内務省六)」(本館-2A-040-05・贈位00129100 )冒頭に「加賀国小松ノ人ナリ」とありましたので『小松市史』を確認しましたが、関連の記載はみつかりませんでした。

国文学研究資料館の「近代書誌・近代画像データベース」( http://base1.nijl.ac.jp/~kindai/index.html )で「安井顕比」を検索すると『太刀山房絶句抄』(山田東平/著 明治28 酒田市立光丘文庫 1636)に「跋 2明治二十二年十月安井顕比撰」とありました。デジタル画像で閲覧いただけます。

※平成28年1月12日確認
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
金沢市立玉川図書館に問合せ、資料複写済み
NDC
伝記  (28 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 角川日本姓氏歴史人物大辞典 17 角川書店 1998.12 K288/1001 167p

2 明治維新人名辞典 日本歴史学会?編 吉川弘文館 1981 281.03/174 1017p

3 金沢市教育史稿 日置 謙∥著 石川県教育会金沢支会 1919 K372/2 29-34p

4 加能郷土辞彙 改訂増補 日置/謙?著 北国新聞社 1956 K030/1 510p

5 加賀藩勤王始末 野口 之布∥述 横地 永太郎∥編 志士敬賛会 1929.2 K209.5/21

6 加賀藩史料 藩末篇上巻 清文堂出版 1980 K209.5/29/16-1 621p

7 加賀藩史料 藩末篇下巻 清文堂出版 1980 K209.5/29/16-2 792,860-863、1048、1101p

8 前田三代言行実記草稿 安井 顕比∥撰 1935.5 K288.5/109

9 青軒遺稿 安井 顕比∥著 岡田 良顕∥編 岡田良顕 1926.10 K990/49

10 地域社会の歴史と人物 加能地域史研究会 2008.12 K209/1011 59、67-68p

11 利通暗殺 遠矢 浩規∥著 行人社 1986.6 K209.6/11 11-17p

12 郷土の烈士先覚に続かん 上 大政翼賛会石川県支部∥編 大政翼賛会石川県支部 1944 K280/52/1 219-224p

13 加越能維新勤王史略 中田 敬義∥編 加越能維新勤王家表彰会 1930 K209.6/3 57p

14 史談会速記録 合本2 史談会?編集 原書房 1971 210.05/2/2 41-80p

15 金沢市史 通史編2 金沢市史編さん委員会∥編集 金沢市 2005.12 K222/125/3-2 914p

16 石川百年史 石林 文吉∥著 石川県公民館連合会 1972 K209/22 38-39p

17 石川県史 第2編 石川県∥編 石川県図書館協会 1974 K209/24/2

18 石川県史 第3編 石川県∥編 石川県図書館協会 1974 K209/24/3

19 石川県史 第4編 石川県∥編 石川県図書館協会 1974 K209/24/4 227-232p

20 近世絵図地図資料集成 第1期第11巻[C] 近世絵図地図資料研究会?編 科学書院 2007.8 K290.3/1103/3-C

21 小松市史 1 川 良雄∥編 小松市教育委員会 1950.5 K226/9/1

22 小松市史 2 川 良雄∥編 小松市教育委員会 1956.3 K226/9/2
キーワード
(Keywords)
安井顕比
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000198894解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!