このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000198879
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001397
事例作成日
(Creation date)
2016/04/14登録日時
(Registration date)
2016年10月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月01日 10時52分
質問
(Question)
金沢市の伝統的な祝い菓子「舞鶴」について調べたい。
①舞鶴は、いつ頃にうまれたのか
②舞鶴のお菓子についての詳細
③どうして、金沢は生姜を使用した菓子が好まれていたのか
回答
(Answer)
①舞鶴は、いつ頃にうまれたのか
由緒来歴は見つかりませんでした。なお、明治期には存在していたことが後述の②よりわかります。

②舞鶴のお菓子についての詳細
・『記 加賀百万石ゆかりの菓子』の「前田家御用菓子司の『紙庄(かみしょう)』」のp39に「舞鶴」と「舞鶴袋」の写真がありました。由緒来歴についての説明はなく、p46に「280年にわたって金沢の菓子を支えてきた紙庄も作ったであろう菓子のなかから、今回は『舞鶴』を再現した」とありました。
p112-113の「明治天皇御行幸の菓子」に「『舞鶴』が原型かと思われる」として「初雁」が紹介されていました。
p173pには諸江吉太郎蔵の「明治19年 御菓子製造方法簿」があり「前田家御用菓子司の「紙庄」が藩政期から伝えてきた菓子製造法の覚え」と説明がありました。そのなかに「舞鶴 十斤 御使用原品 白砂糖 一貫三百目 皮 二斤 生姜 五十目」と記載ありました。

・『ふるさとお菓子花いちもんめ』の「春」に「紅と白のお目出度いお菓子である。小さな三角形をひねったような、鶴が飛んでいる姿は、すべて昔ながらの手づくり。まいづるの皮は、おもちをうすくのばしてそれを型でやいたもの。中身の砂糖は、和三盆と台白糖をまぜて、生がのしぼり汁が味を引き立てている。くるりと両端を巻いて、鶴の形をつくるのがむづかしく、乾しすぎると皮が割れてしまう。しめりすぎると皮がちぢんでしまう。蒸気をたてて、その上に布をかぶせ、一枚一枚、皮をその上に於いて砂糖を入れ、手早く包み、形どるそうである」とありました。

・『加賀能登金沢和菓子づくし』の5月の祝いの菓子に「舞づる (中略)小さな三角形に鶴の形を模して、紅の一点を眼にえがいた、心にくいような加賀伝統のお菓子である。口にふくむと、しょうが風味のピリッときいた砂糖が溶けてくれる。皮はあくまでも薄く、ぱりっとしているが、これは手づくりで工夫されている。固焼きの皮は両端を巻いて形をととのえ、割れないように縮まないようにする。蒸気に当てた布の上に餅皮をのせ、和三盆にしょうがの味を移した砂糖を入れて包み形どる。手間ひまかけた、芸術品ともいれる舞づる」とありました。

③どうして、金沢は生姜を使用した菓子が好まれていたのか
お探しの資料は見つかりませんでしたが、金沢と縁のある生姜関連情報をお伝えします。

・生姜をまつる神社として「波自加彌神社」(はじかみじんじゃ,金沢市花園八幡町ハ165 氏子区域 花園八幡町 二日市町)があります。
「石川県神社庁」のページによれば「調味医薬・五穀豊穣の神として全国に類例のない食産神(しょくさんしん)で、歯でかんで辛(から)いもの即ち、生姜(しょうが)・山椒(さんしょう)・山葵(わさび)などの古語で『薑(はじかみ)』を語源とする」とありました。( http://www.ishikawa-jinjacho.or.jp/search/detail.php?e7a59ee7a4be4944=132
あわせて神主のブログも紹介されていました。「はじかみ神主のぶろぐ」( http://ameblo.jp/hajikamijinja/

・『暮らしの歳時記 石川編』の6月の歳時暦の15日に「はじかみ大祭=しょうが祭り(金沢市二日市町の波自加彌神社)」と、生姜を供える写真がありました。

・②でも紹介した『記 加賀百万石ゆかりの菓子』p70-75に、生姜せんべい「柴舟」の記載があり、こちらは由緒来歴について紹介されていました。

・『ガリ屋がまとめた生姜のはなし』p36に927年に完成した『延喜式』に「ここには、生姜の産地として遠江(静岡県大井川西部)や越前(石川県と福井県北部)の名が挙がっています」とありました。p88には「香辛料の神様 はじかみ祭の由来」に先述の「波自加彌神社」と「はじかみ祭」が紹介されていました。

平成28年4月14日確認
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
「おいしいお取り寄せ 金沢落雁諸江屋の久寿玉(くすだま)」 ( http://www.toriyoseru.com/index-moroe5.html
NDC
家政学.生活科学  (59 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 記 加賀百万石ゆかりの菓子 諸江/吉太郎?著 落雁諸江屋 2008.2 K588/1013 38-46,70-75,112-113,173p

2 ふるさとお菓子花いちもんめ 千代/芳子?著 北国出版社 1977 K588/11 2-3p

3 加賀能登金沢和菓子づくし 井上 雪∥[ほか]著 ブレーン・オアシス 1994.4 K588/26 45p

4 暮らしの歳時記 石川編 「愛蔵版暮らしの歳時記」編集委員会?編集 北國新聞社 2012.8 K385/1046/1 164p

5 ガリ屋がまとめた生姜のはなし 遠藤/榮?編 遠藤/栄一?編 創元社 2011.3 626.4/10005 36,88-92p
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000198879解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!