このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197528
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6900002108
事例作成日
(Creation date)
2016/07/30登録日時
(Registration date)
2016年09月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年09月30日 00時30分
質問
(Question)
自傷・自殺表現のある日本の漫画を探しています。出版年代は特に問いません。
事前調査済の自傷表現のあるマンガ14作品(2000年以降に自傷表現が登場する作品のみ)
・『輝夜姫』(清水玲子/著 白泉社)
・『ピエタ』(榛野なな恵/著 集英社)
・『問題のない私たち』(木村文/著 集英社)
・『愛してるぜベイベ★★』(槙ようこ/著 集英社)
・『ライフ』(すえのぶけいこ/著 講談社)
・『CUT』(川唯東子/著 ビブロス)
・『エレGY』(大岩堅次/著 星海社)
・『GALS!』(藤井みほな/著 集英社)
・『G戦場ヘブンズドア』(日本橋ヨヲコ/著 小学館)
・『めまい』(ももち麗子/著 講談社)
・『とびら』(ももち麗子/著 講談社)
・『NANA』(矢沢あい/著 集英社)
・『ラストメンヘラー』(伊瀬勝良・天野しゅにんた/著 双葉社)
・『自殺サークル』(古谷兎丸/著 太田出版)
回答
(Answer)
事前調査に挙げられていない作品で、自殺等について触れていることが確認できたタイトルは以下の通りです。
(確認したのは当館で所蔵している資料のみです)

●当館所蔵の単行本で内容確認した作品(発行年順) 
・『うみどり(りぼんマスコットコミックス)』(もりたじゅん/著 集英社 1971.6)
 →入水自殺やリストカットが描かれている。
・『ブラックジャック22(少年チャンピオン・コミックス)』(手塚治虫/著 秋田書店 1982.1)
 →205話に「小うるさい自殺者」という話がある。
・『絶対安全剃刀(高野文子作品集)』(高野文子/著 白泉社 1982.1)
 →カミソリで自殺しようとする人物が出てくる。
・『おろち 1(秋田コミックス・セレクト)』(楳図かずお/著  秋田書店 1984.7)
 →第一話「姉妹」で姉が熱した棒を自分の顔に押し当てる場面あり。
・『花のあすか組! 2(あすかコミックス)』(高口里純/著 角川書店 1987.3)
 →登場人物の一人が自傷しようとする場面あり。
・『死ぬかもしんない(ヤングユースコミックス)』(街田みつる/著 集英社 1993.10)
 →お酒をあおり、急性アルコール中毒で死のうとする女性が出てくる「ハ・ゲ・そ」を収録。
・『自由人HERO』(柴田亜美/著 集英社 1994.6~)
 →登場人物の「忍」がリストカット常習者。
・『天国の花園:自殺したい少女たちへ(ミッシィコミックスDX)』(月森雅子/著 宙出版1996.1) 
 →サブタイトルの通り。
・『いたみ(講談社コミックスデザート)』(ももち麗子/著 講談社 1998.7)
 →教師による暴力を苦にして自殺する少女が出てくる「ゆがみ」を収録。
・『GOTH(角川コミックス・エース)』(乙一/原作 大岩ケンヂ/漫画 角川書店 2003.6)
 →リストカットの描写あり。
・『アライブ 1:最終進化的少年(講談社コミックス)』(河島正/原作 あだちとか/作画 講談社 2003.11~) 
 →自殺の場面が複数描かれている。
・『東京チルドレン(講談社コミックスデザート)』(三森多恵子/著 講談社 2005.8)
 →対人恐怖症、リストカット、引きこもりをテーマにした短編集。
・『ひぐらしのなく頃に解: 明し編 4(ガンガンコミックス)』(竜騎士07/原作・監修 方条ゆとり/作画 スクウェア・エニックス 2008.7)
 →複数の自殺シーンが出てくる。
・『自殺ヘルパー(りぼんマスコットコミックス)』(いしかわえみ/著 集英社 2008.9)
 →自殺から人々を救うヘルパーの話。
・『冷たい校舎の時は止まる 1(講談社コミックス KCDX)』(辻村深月/原作 新川直司/漫画 講談社 2008.11~)
 →冒頭で飛び降り自殺のシーンが描かれている。
・『〝文学少女〟と死にたがりの道化(ガンガンコミックスJOKER)』(野村美月/原作 高坂りと/作画 スクウェア・エニックス 2009.5) 
 →少女が飛び降り自殺する場面が出てくる。
・『校舎のうらには天使が埋められている 1(講談社コミックス別冊フレンド)』(小山鹿梨子/著 講談社 2012.1~)
 →少女が飛び降り自殺しようとする場面が描かれている。
・『Half&half 1(講談社コミックスマガジン)』(瀬尾公治/著 講談社 2013.8~)
 →飛び降り自殺の場面から話が始まる。
・『99回死んだ七瀬くん(りぼんマスコットコミックス)』(彩原その/著 集英社 2013.8)
 →冒頭で主人公が火の中に飛び込んで死のうとする場面がある。
・『煉獄のカルマ(講談社コミックスマガジン)』(廣瀬俊/原作 春場ねぎ/漫画 講談社 2015.1~)
 →いじめを苦に自殺した少年が主人公。
・『宇宙を駆けるよだか』(川端志季/著 集英社 2015.2~)
 →冒頭で投身自殺が描かれている。  
・『ダブルのD 1(少年サンデーコミックス)』(野中コウ/著 小学館 2015.8~)
 →冒頭で橋から飛び降りようとする少女を主人公が助けようとする場面がある。

●雑誌連載中の作品(内容確認は単行本)
・『君が死ぬ夏に』(大柴健/著 『マガジンSPECIAL』連載中)
 →登場人物の西田が自殺したとされている。(単行本1巻で確認)
・『コレットは死ぬことにした』(幸村アルト/著 『花とゆめ』連載中)
 →物語の冒頭、過酷労働に絶望した主人公が井戸に飛び込んで自殺をし、冥府に行く。(単行本1巻で確認)
・『ワンピース』(尾田栄一郎/著 『週刊少年ジャンプ』連載中)
 →四皇の一人、百獣のカイドウは自殺しようとするが、身体が強靭過ぎて死ねない。(単行本79巻で確認)
・『春巡る』(小畑友紀/著 『Cookie』連載中)
 →橋からの投身自殺が描かれている。(単行本1巻で確認)

●雑誌で内容確認した作品(発行年順) 
・『熱烈歓迎自殺倶楽部』(津山週三/著 『ガロ』275号(1987.7.1発行)、294号(1989.4.1発行)掲載)
 →自殺がテーマの話。
・『クマの死神さん』(深山和香/著 『週刊少年マガジン』47巻16号 2005.3.9発行 掲載)
 →少女が飛び降り自殺をしようとする場面あり。


以下の資料等を漫画の探索に使用しました。

●漫画論や関係事典等
・『現代マンガ論』(副田義也/著 日本経済新聞社 1975.6)
・『日本 漫画の事典:全国のマンガファンに贈る Sun Lexica』(清水勲/著 三省堂 1985.6
・『現代マンガの全体像:待望していたもの、超えたもの(Century Press)』(呉智英/著 情報センター出版局 1986.4) 
・『マンガ批評大系 1 アトム・影丸・サザエさん』(竹内オサム/編 平凡社 1989.2)
・『戦後マンガ50年史(ちくまライブラリー)』(竹内オサム/著 筑摩書房 1995.3)
・『マンガの批評と研究+資料 改訂版』(竹内オサム/著 竹内オサム 2003.8)
・『現代漫画博物館 1945-2005』(小学館漫画賞事務局/編 小学館 2006.11) 
・『戦後少女マンガ史(ちくま文庫)』(米沢嘉博/著 筑摩書房 2007.8) 
・『本流!マンガ学:マンガ研究ハンドブック』(竹内オサム/著 晃洋書房 2009.4)
・『まんがのソムリエ』(中野晴行/著 小学館クリエイティブ 2014.5) 
・『マンガの論点:21世紀日本の深層を読む(幻冬舎新書)』(中条省平/著 幻冬舎 2015.5) 
・『マンガ文化55のキーワード(世界文化シリーズ)』(竹内オサム/編著 ミネルヴァ書房 2016.2)

●目録
・『マンガ・アニメ文献目録』(竹内オサム/監修 日外アソシエーツ 2014.10)
 →テーマに関係のありそうな文献なし。
・『日本自殺関連文献目録 1986 ウェザロ-ル・ウィリアム編』(日本自殺予防学会 1987.1)
 →大阪府立中央図書館所蔵資料。漫画に関する記述なし。 
・『日本自殺関連文献目録 2(2004) 1986年以降収録版』(日本自殺予防学会/編集 いのちの電話 2004.12)
 →大阪府立中央図書館所蔵資料。漫画に関する記述なし。 

●WEB
・メディア芸術データベース( http://mediaarts-db.jp/
 →「自殺」で検索すると複数ヒット。
・日本マンガ学会『マンガ研究』バックナンバー目次( http://www.jsscc.net/publish/manga_studies
 →関係のありそうな文献なし。
・おすすめ「自殺漫画」ランキング( http://www.jp-manga.com/list_t/%E8%87%AA%E6%AE%BA/all/default_1.html
 →53作品を紹介。

上記のほか、WEBでは各種検索エンジンで画像検索を行うと関係のありそうな漫画(の一場面等)が多数ヒットします。
ヒット件数が膨大で、タイトルの確認等には相当の労力が必要ですので、当館での確認はいたしかねます。

[事例作成日:2016年7月30日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
異常心理学  (145 8版)
参考資料
(Reference materials)
現代マンガ論 副田/義也∥著 日本経済新聞社 1975.6
日本 漫画の事典 清水/勲∥著 三省堂 1985.6
現代マンガの全体像 呉/智英∥著 情報センター出版局 1986.4
マンガ批評大系 1 アトム・影丸・サザエさん 竹内/オサム∥編 平凡社 1989.2
戦後マンガ50年史 竹内/オサム∥著 筑摩書房 1995.3
マンガの批評と研究+資料 改訂版 改訂版 竹内/オサム∥著 竹内オサム 2003.8
現代漫画博物館 小学館漫画賞事務局∥編 小学館 2006.11
戦後少女マンガ史 米沢/嘉博∥著 筑摩書房 2007.8
本流!マンガ学 竹内/オサム∥著 晃洋書房 2009.4
まんがのソムリエ 中野/晴行‖著 小学館クリエイティブ 2014.5
マンガの論点 中条/省平‖著 幻冬舎 2015.5
マンガ文化55のキーワード 竹内/オサム‖編著 ミネルヴァ書房 2016.2
マンガ・アニメ文献目録 竹内/オサム‖監修 日外アソシエーツ 2014.10
http://mediaarts-db.jp/  (メディア芸術データベース(2016.5.24現在))
http://www.jsscc.net/publish/manga_studies  (日本マンガ学会『マンガ研究』バックナンバー目次(2016.5.24現在))
http://www.jp-manga.com/list_t/%E8%87%AA%E6%AE%BA/all/default_1.html  (おすすめ「自殺漫画」ランキング(2016.5.24現在))
キーワード
(Keywords)
自殺(ジサツ)
自傷(ジショウ)
リストカット(リストカット)
飛び降り(トビオリ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
出版情報,その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000197528解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!