このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000197516
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢狭山-2016-006
事例作成日
(Creation date)
2015/06/05登録日時
(Registration date)
2016年09月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年11月25日 16時40分
質問
(Question)
アラスカ地震についてのDVD、CD、本があるかどうか調べてほしい。
回答
(Answer)
アラスカ地震について記述のある資料は以下の通りです(単語表記のみの場合も含みます)。
 〇『図説地震と人間の歴史』 アンドルー・ロビンソン/著 原書房 2013年
 〇『世界史年表・地図』 亀井高孝/編 吉川弘文館 2016年
 〇『平凡社大百科事典 1』 平凡社 1984年
 〇『日本被害津波総覧』 渡辺偉夫/著 東京大学出版会 1998年
 〇『アラスカ総覧 1989』 アラスカ会/編 アラスカ会 1989年 
 〇『地震・噴火災害全史』 災害情報センター/編 日外アソシエーツ 2008年 
 〇『日本被害地震総覧』 宇佐美龍夫/著 東京大学出版会 2013年
 〇『読売年鑑 昭和40年版』 読売新聞社 1964年
 〇『朝日年鑑 1965年版』 朝日新聞社 1965年

データベース上の情報は以下のとおりです。
 〇聞蔵Ⅱ
  「アラスカ地震の余波 海面の異常続く 大船渡では90センチ上昇」1964年3月31日東京/朝刊 ほか5件の関連記事あり。
 〇ヨミダス歴史館
  「死者300を越す 4都市に大被害 アラスカ地震▽被害は数億ドルか」1964年3月29日朝刊ほか26件の関連記事あり。
回答プロセス
(Answering process)
1.アラスカ地震について概要をインターネット調査
 コトバンク 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
 
 アラスカ地震
 あらすかじしん
 
 「北アメリカ大陸のアラスカ周辺でおきる地震。この地域は世界でも有数の地震発生域で、
 巨大地震が多発する。(中略)1964年3月28日のアラスカ地震はマグニチュード(M)9.2と格段に規模が
 大きく、破壊継続時間も3~4分と長く、被害域は13万平方キロメートルに及んだ。地震動、地殻変動、
 大津波などによる損害は3億ドルと推定されている。休日の夕方に発生したため死傷者は少なかったが、
 アメリカのアラスカ州では死者115人を数えた。[脇田宏]」
 
2.所蔵資料の内容確認
 〇『図説地震と人間の歴史』 アンドルー・ロビンソン/著 原書房 2013年
  p.109 「エネルギーが等価な自然現象」の図に「アラスカ地震(1964)」と表記があります。
  またp.110 に「マグニチュード9.2の1964年アラスカ地震は強度「10000」」との記述があります。強度とは「地震強度スケール」のこと。
 〇『世界史年表・地図』 亀井高孝/編 吉川弘文館 2016年
   p.86 1964年3月 アラスカ大地震とだけ表記があります。
 〇『平凡社大百科事典 1』 平凡社 1984年 
   p.540「アラスカ[州]」の項に「64年(1964)には中南部で起きた地震が死者100名をこす被害をもたらした。」と記述があります
 ×『地震防災のはなし』 岡田恒男/編 朝倉書店 2006年
 ×『アメリカを知る事典』 荒このみ/監修 平凡社 2012年
 ×『アメリカ』 有賀貞/著  山川出版社 2004年
 ×『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』 ジェームス・M.バーダマン/編 ジャパンブック 2005年
 ×『ブリタニカ国際大百科事典 1』 TBSブリタニカ/編 TBSブリタニカ 1994年
 ×『世界史年表』 歴史学研究会/編 岩波書店 2001年
 
3.追加調査
 〇『日本被害津波総覧』 渡辺偉夫/著 東京大学出版会 1998年
  p.227-228 「アラスカ(Prince William Sound)地震津波」の世界各地の津波の高さと被害状況の記述があります。
 〇『アラスカ総覧 1989』  アラスカ会/編 アラスカ会 1989年
  p.17-18 「アラスカ地震として、いまだに記憶に新しいものとして、1964年3月27日、言わゆる
  ”Good Friday”の午後5時36分に発生した”アラスカ大地震”がある。これは、今世紀になって世界各地で
  記録された数多くの地震の中でも最大級のものであり、マグニチュード8.4~8.6であったという。」と記述があります。
 〇『地震・噴火災害全史』 災害情報センター/編 日外アソシエーツ 2008年
  p.217~218 「879 アラスカ地震津波 1964年(昭和39年)3月28日、岩手県の沿岸域がアラスカ地震による
  津波を受けたが、被害は軽微だった」と記述があります。
 〇『日本被害地震総覧』 宇佐美龍夫/著 東京大学出版会 2013年
  p.393 アラスカ地震による日本各地の津波の高さの記述があります。
 〇『読売年鑑 昭和40年版』  読売新聞社 1964年
  p.17 「重要日誌3月(世界)」に「27 アラスカに大地震、アンカレジの目抜き通り全滅(死者・行方不明184人)
  と31日公式集計、被害総額8億5000万㌦」と記述があります。
 〇『朝日年鑑 1965年版』 朝日新聞社 1965年
  p.37 「1964年年表3月」に「27 アラスカで規模M8.5の大地震、アンカレジ中心に大被害、死者63、不明40」と記述があります。
 ×『地震の事典』 宇津徳治/[ほか]編集 朝倉書店 2001年
 ×『地震・津波と火山の事典』 東京大学地震研究所/監修 丸善 2008年
 ×『地震・火山の事典』 勝又護/編 東京堂出版 1993年
   
4.インターネット調査 
 ×「国立国会図書館 レファレンス協同データベース」…類似したレファレンス事例はありませんでした。
 〇「CiNii」 
   「アラスカ地震の教訓」竹山謙三郎『土と基礎』12(7)1964年
   「アラスカ地震によるアンカレッジ市の被害について」竹山謙三郎、鈴木音彦『土と基礎』12(7)1964年
   筆者らは1964年4月20日から約1 週間にわたってアンカレッジ市に滞在し、アラスカ地震による同市とその周辺地域の地スベリや土木、建築構造物の被害状況を調査した。
 〇グーグルにて「アラスカ地震 本」で検索
  北海道大学学術成果コレクション http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/index.jsp  
「1964年アラスカ地震郡の発震機構」牧 正『北海道大学地球物理学研究報告』
 1968年 内容は専門的。  
 ×NHKアーカイブス…NHK総合テレビ1964年5月27日午後07時30分放送「アラスカ地震をさぐる」※番組表のみ記録あり。
 
5.データベース調査
 〇聞蔵Ⅱ
  「アラスカ地震の余波 海面の異常続く 大船渡では90センチ上昇」1964年3月31日東京/朝刊 ほか5件の関連記事あり。
 〇ヨミダス歴史館
  「死者300を越す 4都市に大被害 アラスカ地震▽被害は数億ドルか」1964年3月29日朝刊ほか26件の関連記事あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
地震学  (453 9版)
参考資料
(Reference materials)
図説地震と人間の歴史 アンドルー・ロビンソン/著 原書房 2013.11 453.02 978-4-562-04945-5
世界史年表・地図 亀井高孝/編 吉川弘文館 2016.4 203.2 978-4-642-09537-2
平凡社大百科事典 1 平凡社 1984.11 031
日本被害津波総覧 渡辺偉夫/著 東京大学出版会 1998.2 453.4 4-13-061113-5
アラスカ総覧 1989 アラスカ会/編 アラスカ会 1989 295.394
地震・噴火災害全史 災害情報センター/編 日外アソシエーツ 2008.2 369.31 978-4-8169-2089-9
日本被害地震総覧 宇佐美龍夫/著 東京大学出版会 2013.9 453.21 978-4-13-060759-9
読売年鑑 昭和40年版 読売新聞社 1964 059
朝日年鑑 1965年版 朝日新聞社 1965 059
キーワード
(Keywords)
アラスカ地震
アラスカ
アメリカ
地震
天災
津波
1964年
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000197516解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決