このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000196971
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
企-160002
事例作成日
(Creation date)
2016年05月05日登録日時
(Registration date)
2016年09月15日 09時36分更新日時
(Last update)
2016年09月15日 09時36分
質問
(Question)
「あだ名」「ニックネーム」のつけ方、種類等についての資料を探している。
韓国などのイングリッシュネームや外国人のニックネームについての資料も探している。
回答
(Answer)
当館所蔵資料で「あだ名」に関する資料は、次のものがあります。

○『呼称の対人的機能』ナカニシヤ出版 2015
 呼称・あだ名を心理学的に研究したもの。第2章「学校教師のあだ名に関する調査的研究」では、あだ名を命名方略別に12に分類しています。

○『命名の言語学 ネーミングの諸相』森岡健二 山口仲美 東海大学出版会 1985
 第二章 名づけの楽しみ-あだ名 があり、あだ名の命名法や特徴を分析しています。

 また、以下の論文も参考になると思います。
○「学級内における児童の呼ばれ方と児童相互の関係に関する研究」三島浩路 教育心理学研究2003.51.121-129
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001889094
 

また、外国人のイングリッシュネーム、ニックネーム等について記述した資料はみつかりませんでした。外国人の名前については、以下の資料が参考になるかもしれません。
○『名前と人間』田中克彦 岩波書店 1996
 名前学から見た固有名詞について分析しており、外国人が外国へ行った時の名前や名乗りの法則を見出しています。

○『名前と社会 名づけの家族史』上野和男 森謙二編 早稲田大学出版部 1999(資料番号:21176102)
 「韓国人の名前に関する人類学的研究」では、韓国人の名前の構造やキリスト教との関係を分析しています。

○『英語のルーツ』唐澤一友 春風社 2011
 p204 なぜAnneのニックネームはNancyなのか? という項があります。

○『言語と社会の多様性』橋本総 原田真見編 北海道大学 2008
 朝鮮民族の本名についての記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会学  (361)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
あだ名
ニックネーム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000196971解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!