このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000196775
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20160006
事例作成日
(Creation date)
20120501登録日時
(Registration date)
2016年09月09日 18時48分更新日時
(Last update)
2016年10月17日 18時18分
質問
(Question)
昔,卒業式等で歌っていた歌の歌詞の全文が知りたい。歌詞は,「ふみよむことをさずけられ,ものかくことをさずけます」で始まり,歌のタイトルは,確かではないが,「師の恩」だった。
回答
(Answer)
「師の恩」の歌詞が掲載されていたのは,次の資料である。
『祝祭式日唱歌 唱歌学習帖』に,該当の「師の恩」の歌詞と楽譜が掲載されていた。
『むかしの帝釈 第2集 明治・大正のころの話』に,「師の恩」が歌われていた時期や地域に関する記述があり,歌詞と楽譜が掲載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
1 昔の学校で歌われていた唱歌について調査したところ,全国的に有名な唱歌が多く掲載された資料の中には,該当するものは見つからなかった。
2 郷土資料の中で,唱歌に関する資料を調査したところ,広島県教育会が編纂した『祝祭式日唱歌 唱歌学習帖』に,「文読む業(わざ)を 教へられ、もの書くことを 授けます、」で始まる「師の恩」の歌詞と楽譜が掲載されていた。
3 後日,「卒業式の歌」というタイトルの歌を調査した際に,国立国会図書館サーチで「卒業式の歌」をキーワードに検索したところ,『むかしの帝釈 第2集 明治・大正のころの話』がヒットした。目次に,「「卒業式の歌」と「恩師」について」とあり,「恩師」と書かれた歌が,「師の恩」と同一の歌であった。歌詞のはじまりは,「書(ふみ)読むわざを 教えまし 物書く事を 授けます」(p.29-30,p.47)と書かれていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 9版)
教育課程.学習指導.教科別教育  (375 9版)
参考資料
(Reference materials)
『祝祭式日唱歌 唱歌学習帖』広島県教育会/編纂,広文館,1936 (師の恩 歌詞と楽譜(p.34-35))
『むかしの帝釈 第2集 明治・大正のころの話』帝釈公民館帝釈の昔を語る会/編集,帝釈公民館帝釈の昔を語る会,1984 (「「卒業式の歌」と「恩師」について」(p.29-30)には,歌われていた時期や地域,歌詞が掲載されている。また,歌詞と楽譜(p.47)が掲載されている。)
キーワード
(Keywords)
師の恩
恩師
卒業式
唱歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000196775解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!