このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000196763
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-063
事例作成日
(Creation date)
2016年08月02日登録日時
(Registration date)
2016年09月09日 11時55分更新日時
(Last update)
2016年11月02日 16時01分
質問
(Question)
単語を文章にするときの並べ方について、日本語の「学校へ行く」のように動詞が後に来る言語と、英語の「go to school」のように動詞が前に来る言語があるが、それぞれ何語があてはまるのか知りたい。また、その並べ方の法則があれば知りたい。
回答
(Answer)
S(主語 Subject)、O(目的語 Object)、V(動詞 Verb)の順序について記述のある下記資料を紹介した。
『世界の言語と日本語 言語類型論から見た日本語』(角田太作著 くろしお出版 2009)
『言語学百科事典』(ディヴィッド・クリスタル著 風間喜代三監訳 大修館書店 1992)

上記資料によると、日本語と同じSOV型の語順を用いる言語は、韓国・朝鮮語、トルコ語、ペルシャ語、チベット語などで、英語と同じSVOの語順を用いる言語は、フィンランド語、ロシア語、中国語などとあった。また、イタリア語、スペイン語、フランス語は「SVO等」とあり、オランダ語、ドイツ語は「Vが2番目(SVO等)」とあり、SVO以外の語順も使用されるとのことである。
並べ方の法則について明記されている資料は見られなかった。ただし『言語学百科事典』に、言語の分類を表すために「語族」という言葉が用いられたとの記述が見られたが、語順についての記述はない。
回答プロセス
(Answering process)
言語学の資料を調べる。
回答資料のほか、下記にも若干記述あり。
『世界大百科事典 2005年改訂版 1(ア-アレニ)』(平凡社 2005)
 p607-608 「アルタイ諸語」の項あり。[構造上の特徴]に「目的語や補語はそれを支配する動詞に先行する」「主語は他の成分より前に置かれ(後略)」とあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語学  (801 9版)
文法.語法  (815 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界の言語と日本語 言語類型論から見た日本語』(角田太作著 くろしお出版 2009), ISBN 978-4-87424-448-7
『言語学百科事典』(ディヴィッド・クリスタル著 風間喜代三監訳 大修館書店 1992), ISBN 4-469-01202-5
キーワード
(Keywords)
語順
日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000196763解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決