このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195842
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
若林2016-事6
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年08月14日 14時00分更新日時
(Last update)
2017年03月30日 16時45分
質問
(Question)
石川啄木の「ふるさとの山に向かひて言うことなし ふるさとの山は
ありがたきかな」という詩は、どの歌集に収められているのか。
また「ふるさとの山」とは岩手山の事を指しているのかを知りたい。
回答
(Answer)
この歌は歌集『一握の砂(いちあくのすな)』に収められている。
「ふるさとの山」を岩手山だと断定している資料は見つけられなかったが、岩手山であろうと推測している資料として、『石川啄木辞典』p243-244、『岩手山 いわての名峰徹底ガイド』p72-73、『日本の名山 2 岩手山』p14などがあり、岩手山と姫神山だと記述がある資料として『啄木歌集全歌評釈』p139がある。また、岩手山と姫神山のどちらかなのかという「ふるさとの山論争」についての記述が『石川啄木事典』p174にある。
回答プロセス
(Answering process)
まずこの歌を調べると、歌集『一握の砂』の第二章「煙」にあることを確認し、図書館の蔵書から『一握の砂・悲しき玩具 石川啄木歌集』を提供した。
 次に「ふるさとの山」が岩手山を指している資料について、「石川啄木」をキーワードとし検索。『石川啄木事典』p174の「山」の項目に「啄木の「山」と言えば、何と言っても故郷渋民に関連する岩手山と姫神山とに関わる「ふるさとの山」が名高い。「ふるさとの山」とはどちらの山なのか、の「ふるさとの山論争」もある。」という記述があった。p243「岩手山」の項目に歌集『一握の砂』には、岩手山を詠み込んだと思われる短歌が七首あり、母なる山の姫神山に対して、父なる山と捉えていると考えられる」という記述と共にこの歌があった。
 また、「岩手山」をキーワードとして検索すると、『岩手山いわての名峰徹底ガイド』p72に「啄木の作品にはふるさとの象徴として「岩手山」(あるいは岩手山と推定される山)が数多く登場する」とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『一握の砂・悲しき玩具 石川啄木歌集』 石川啄木/著 新潮社 2012年
『石川啄木事典』 国際啄木学会/編 おうふう 2001年
『岩手山 いわての名峰徹底ガイド』 岩手日報社 2005年
『日本の名山 2 岩手山』 串田孫一[ほか]/編 博品社 1997年
『郷土資料事典 3 岩手県』 人文社 1998年
『啄木歌集全歌評釈』 岩城之徳/著 筑摩書房 1987年
キーワード
(Keywords)
石川啄木
岩手山
姫神山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195842解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!