このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195837
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
若林2016-事3
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年08月14日 13時15分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時37分
質問
(Question)
植物標本の作り方のコツを知りたい。
回答
(Answer)
<作り方のポイント>
・標本作りの目的をもつこと。
・国立公園や私有地など植物採集が禁止されているところもあるので気を付けること。
身近なところにもたくさんの植物があるので、初めは自宅に近いところから始めると良い。
  ・なるべくその植物の完全体を採取するように心がける。
・押し始めて二日目に形を整えると出来栄えが良くなる。 など

具体的な作り方は、『身近な植物となかよくなろう』『植物の観察と標本の作り方』『解剖・観察・飼育大事典』に詳しい記述があった。『標本に基づいた仙台市野生植物目録』にはカラー写真の植物標本の写真が記載されている。
また、植物標本作りに参考になりそうな仙台市科学館、東北大学植物園の各ホームページも紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
蔵書検索システムより「植物」「標本」などをキーワードに検索。同時に児童書と一般書の植物のコーナーから標本の作り方が載っているものをさがした。
 郷土資料のコーナーからも、仙台での植物の採集の参考になるものを紹介した。
 インターネットで「植物標本」「仙台」で検索すると仙台市科学館と仙台市野草園で標本作りに関する教室を行っていることがわかった。また、科学館のホームページには「自由研究の進め方を学ぼう」という教室の資料として、「植物採集とおしば標本の作り方」が載っている。また、東北大学植物園のホームページでは、植物標本館の紹介と「標本の作り方」が載っていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生物科学.一般生物学  (460)
植物学  (470)
参考資料
(Reference materials)
『身近な植物となかよくなろう』 田中肇/著 さ・え・ら書房 1988年
『植物の観察と標本の作り方』 本田正次/著 ニュー・サイエンス社 1977年
『解剖・観察・飼育大事典』 内山裕之/編著 星の環会  2007年
『標本に基づいた 仙台市野生植物目録』 仙台市公園緑地協会 2010年
「仙台市科学館(H27年度 自由研究の手引き)」ホームページ(2016年2月アクセス)
http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/truetop/topic15_06.html
「東北大学 植物園(標本の作り方)」ホームページ(2016年2月アクセス)
http://www.biology.tohoku.ac.jp/garden/harbarium-top.htm
キーワード
(Keywords)
植物
標本
観察
採取
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000195837解決/未解決
(Resolved / Unresolved)