このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195644
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20160005
事例作成日
(Creation date)
2016年06月19日登録日時
(Registration date)
2016年08月06日 09時44分更新日時
(Last update)
2016年08月18日 17時23分
質問
(Question)
戦国時代の平均寿命が知りたい。
人間五十年と言われた時代であり,現代の平均寿命と大分違うと思うのだが。
回答
(Answer)
 戦国時代の平均寿命そのものが掲載された資料は見当たらなかったが,古代人の寿命の求め方や,平均余命,平均死亡年齢について記述がある資料を提供した。

 参考資料①では,古代人の寿命算出方法として「発掘された人骨の観察,埋葬記録,寺の過去帳など」を挙げている(p.376)。また,日本の公卿の時代ごとの死亡年齢,歴代の天皇の死亡年齢について記述あり(p.380-381)。
 また,「平均寿命の算出には乳幼児死亡の正確な把握が必要であり,各報告の差異は,こうした事項の影響を強く受けているものと思われる。」という記述あり(p.381,383)。
 
 参考資料②には,出土人骨による室町時代の性別死亡年齢分布(p.279)と,室町時代の平均余命について記述あり(p.281)。
 また,古い時代の寿命を推計する方法として宗門帳を用いる方法が紹介されており,「江戸時代の宗門帳は一歳未満、ときには二歳、三歳未満の死亡者がしばしば除外されており、すなわち、かかる者は当初から帳簿に登載されなかった」という記述あり(p.285)。
 
 参考資料③には,主に明治以降の寿命の変化について記述されている。閲覧箇所の冒頭に,室町時代の寿命が「男女平均で15.2年となっている。(略)乳幼児死亡率が極めて高く,また飢饉、疫病の流行、内乱などが一般的であった当時において、寿命が著しく短かったことはよういに推測することができよう。」との記述あり(p.33)。
 
 参考資料④には,室町時代,江戸時代の平均余命について記述あり(p.15-16)。

 参考資料⑤には,「「寛政重修諸家譜」から得られた旗本の平均死亡年齢は、一五六一~九〇年の出生者が四二・三歳だったのに対し、(略)宗門改帳から推計された庶民の平均余命(出生時)はもっと短く、十七世紀には二〇歳代後半ないし三〇歳そこそこだったと考えられるが、(略)」との記述あり(p.75-76)。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館OPAC,国立国会図書館サーチで「日本人」「寿命」「人口学」をキーワードに入力して検索し,検索結果の資料に過去の寿命について記述があるか調査した。
2 magagine plus,CiNii Articlesで雑誌記事検索,論文検索を行ったが,関連文献は見付からなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
人口統計.国勢調査  (358 8版)
基礎医学  (491 8版)
参考資料
(Reference materials)

佐藤方彦編集 , 佐藤, 方彦(1932-). 日本人の事典. 朝倉書店, 2003-06.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000421594-00 , ISBN 9784254101768 ((調査箇所:p.376-394 日本人の寿命))

松崎俊久 編 , 松崎, 俊久, 1930-. 寿命 : どこまで伸びる?. 女子栄養大学出版部, 1984. (栄大選書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001659165-00  ((調査箇所:p.276-298 過去における日本人の寿命の推移))

黒田俊夫 著 , 黒田, 俊夫, 1909-2006. 日本人の寿命 : 世界最長寿国の光と影. 日本経済新聞社, 1978. (日経新書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001392652-00  ((調査箇所:p.31-49 寿命の歴史))

鈴木隆雄 著 , 鈴木, 隆雄, 1951-. 日本人のからだ : 健康・身体データ集. 朝倉書店, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002492214-00 , ISBN 4254101384 ((調査箇所:p.13-16 人口動態と平均寿命の時代的変化))

鬼頭 宏/著 , 鬼頭‖宏. 日本二千年の人口史 : 経済学と歴史人類学から探る生活と行動のダ. PHP研究所, 1983. (二十一世紀図書館 0006)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004113573-00  ((調査箇所:p.61-90 経済社会化と第三の波))
キーワード
(Keywords)
日本人
戦国時代
平均寿命
人口学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195644解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!