このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195607
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-160010
事例作成日
(Creation date)
2016年07月06日登録日時
(Registration date)
2016年08月04日 14時32分更新日時
(Last update)
2016年08月04日 14時32分
質問
(Question)
韓国にある異文化建造物、例えば、西大門刑務所歴史館や旧ソウル駅など、日本の文化が外見上に残った建造物について、調べてほしい。写真付きが望ましい。
回答
(Answer)
下記資料を紹介した。

『植民地建築紀行 満州・朝鮮・台湾を歩く』西澤泰彦著 吉川弘文館 2011年
p.38-40に「シビックセンターとしての庁舎-旧ソウル市庁舎(旧京城府庁舎)」の記述(写真付き)がある。また、p.61-67「保存された駅舎」という項目の中に「ソウル駅(旧京城駅)」、p.117-120「植民地政策としての病院事業」の中に「旧大韓医院」が、いずれも写真付きで掲載されている。このほか、p.143-152「朝鮮銀行とゼツェッシオン建築」、p.221-233「変身した怪物とその後-韓国国立中央博物館(旧朝鮮総督府)」といった記事が、写真と共に掲載されている。

『日本植民地建築論』西澤泰彦著 名古屋大学出版会 2008年
巻頭にカラー写真で建築物が掲載されている。また、文中にモノクロ写真や建築の平面図が掲載されている。
図表一覧および索引の掲載もある。


また、インターネット上で「韓国」「植民地」「建築」等をキーワードに検索したところ、次のような論文がヒットした。
いずれも、「日本植民地時代に日本人が建造した建築物(略)に着目し、それらの利用の実態と、評価を明らかにする」ことを目的として執筆されたものであり、建築物の写真も掲載されている。学術機関リポジトリポータルJAIROで公開されている。
「韓国におけるコロニアルタウンの景観 ―同化と異化,保存・利用・破壊―」須山聡著 (人類文化研究のための非文字資料の体系化 03 p. 150~174 2006年 神奈川大学21世紀COEプログラム研究推進会議)
http://jairo.nii.ac.jp/0108/00004557
「韓国における植民地都市景観の無国籍性 ―群山・木浦市を中心に―」須山聡、鄭美愛著(駒澤大學文學部研究紀要 66 p.19~45 2008年 駒澤大学)
http://jairo.nii.ac.jp/0250/00018485
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
西洋の建築.その他の様式の建築  (523)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
韓国
日本統治下
日帝残滓
建築物
植民地
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000195607解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!