このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195565
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001014796
事例作成日
(Creation date)
2016/04/02登録日時
(Registration date)
2016年08月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年08月03日 00時30分
質問
(Question)
スマホ・タブレット等の有料アプリに関する意識調査の資料が見たい。
(有料アプリに興味がある、購入してもよいと思っている、購入したことがあるのは全契約者の何%ぐらいか など)
回答
(Answer)
以下の所蔵資料とデータベースを紹介した。

<所蔵資料>

・『スマートフォン総合データ年報 2012』 ミームデザイン∥監修 (日本能率協会総合研究所 2012.10)

p.196-199「スマートフォンに関する調査」
p.198「図5 あなたがダウンロードしたことのあるアプリケーションを、有料/無料別でお答えください」

p.250-253「スマートフォンユーザーの意識調査」
p.251「『有料アプリ』利用」→有料アプリをダウンロードしたことがあるユーザーのパーセンテージあり。

p.254-257「プライベートにおけるスマートフォン利用に関する調査」
p.254「アプリに月500円以上支払っている」「月に500円以上”支払ってもいい”と回答」したユーザーのパーセンテージあり。
p.254「プライベートアプリに支払っている/支払っても良い金額」のグラフあり。「実際の支払金額/月」「支払っても良い金額/月」「支払っても良い金額/1アプリ」について、金額とパーセンテージが分かる。

p.268-271「スマートフォン利用動向調査」
p.270「コンテンツ利用金額はフィーチャーフォンの方が高い」に、フィーチャーフォンとスマートフォンのユーザーに分けて、1ヶ月あたりの有料アプリ/コンテンツの利用金額とパーセンテージが記載されている。 

p.366-367「(2011年)4月のiOS/Android利用レポート」
p.367「Androidユーザは無料アプリDLが97%、iOSでは83%」に、「Androidユーザはまだ有料アプリを購入する素地ができていない」とあり。

・『モバイル・コミュニケーション 2012-13』 NTTドコモ モバイル社会研究所∥編 (中央経済社 2012.8)

p.133-177「第3章 モバイルコンテンツ・アプリケーション文化 : ソーシャルメディアの台頭」
スマホ・タブレットではないが、p.140「資料3-4 ケータイで有料で利用するコンテンツ・アプリケーション」に「ケータイの有料コンテンツ利用率」が掲載されている。
p.152「資料3-13 ソーシャルメディア・コミュニケーションの利用状況 概観」の「ソーシャルゲームの利用傾向」に「利用率」と「課金者率」が記載されている。

・『スマホ白書 2012』 インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所∥編 (インプレスジャパン 2012.3)

p.103-136「第3部 スマートフォンの個人利用動向[コンテンツアプリ編]」
p.104-105「実態調査で見るスマートフォン利用動向[コンテンツアプリ編]」
p.104「無料アプリのダウンロード経験は93.5(%)」に「有料アプリをダウンロードしたことのあるユーザー」のパーセンテージあり。

p.106-120「3-1 アプリ・コンテンツ」
p.106「資料3-1-1 アプリ・コンテンツ料金[メイン利用の端末種類別]」に、スマートフォンとフィーチャーフォンの別に、「0円」「100円未満」「200円未満」から「2000円以上」まで10段階に分けて、ユーザーのパーセンテージが記載されている。

p.106「資料3-1-2 アプリ・コンテンツ料金[OS別]」では、iOSとAndroidの別に、同じく価格を10段階に分けて、ユーザーのパーセンテージを記載している。

p.109「資料3-1-5 タブレット端末のアプリ・コンテンツ料金」では、「0円」「300円未満」「500円未満」から「2000円以上」まで8段階に分けて、ユーザーのパーセンテージを記載している。

p.109「資料3-1-6 タブレット端末のアプリ・コンテンツ料金[OS別]」では、iOSとAndroidの別に、同じく価格を8段階に分けて、ユーザーのパーセンテージを記載している。

他にも有料アプリに関する資料(グラフ)あり。

※当館所蔵は2012年版が最新だが、Googleブックスで「有料アプリ・コンテンツ」をキーワードとして検索すると2013-2014年版がヒットし、「1か月あたりの有料アプリ・コンテンツ購入率は・・・」等、各種グラフが閲覧できる。(2016年4月2日最終確認)

・『スマートフォン利用動向調査報告書 2012』 MCPCスマートフォン推進委員会∥監修 (インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所 2011.12)

p.109「資料4.7.10 メイン利用の端末種類別アプリ・コンテンツ料金」
p.109「資料4.7.11 OS別アプリ・コンテンツ料金」
p.110「資料4.7.12 性年代別アプリ・コンテンツ料金」
p.132「資料4.9.10 メイン利用の端末種類別有料コンテンツやアプリ利用率」
p.132「資料4.9.11 OS別有料コンテンツやアプリ利用率」
p.133「資料4.9.12 性年代別有料コンテンツやアプリ利用率」 
p.146「資料4.10.12 ダウンロードしたことのある有料アプリのジャンル」
p.147「資料4.10.13 OS別ダウンロードしたことのある有料アプリのジャンル」
p.148「資料4.10.14 性年代別ダウンロードしたことのある有料アプリのジャンル」
p.149「資料4.10.15 1か月のアプリの料金」
p.150「資料4.10.16 OS別1か月のアプリの料金」

<データベース>
「Mpac マーケティング情報パック」で「アプリ」をキーワードにして検索すると、いくつかの消費者アンケートがヒットする。
その中に「有料アプリ」に関するものもあり。(2016年4月2日 確認)

[事例作成日:平成28年4月2日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
スマートフォン総合データ年報 2012 ミームデザイン∥監修 日本能率協会総合研究所 2012.10 (p.196-199,250-257,268-271,366-367)
モバイル・コミュニケーション 2012-13 NTTドコモ モバイル社会研究所∥編 中央経済社 2012.8 (p.140,)
スマホ白書 2012 インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所∥編 インプレスジャパン 2012.3 (p.104-120)
スマートフォン利用動向調査報告書 2012 MCPCスマートフォン推進委員会∥監修 インプレスR&Dインターネットメディア総合研究所 2011.12 (p.109-150)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス,統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000195565解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!