このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195470
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-2294
事例作成日
(Creation date)
2016年06月22日登録日時
(Registration date)
2016年07月30日 11時39分更新日時
(Last update)
2016年08月12日 19時49分
質問
(Question)
色紙にあった一文「匈月一日」の読みと意味を知りたい。
回答
(Answer)
田能村竹田の画帖『亦復一楽帖』に書かれた賛の一部と考えられる。「匈月」「一日」がそれぞれ1字で「胸間(きょうかん)」か。

菅沼貞三「竹田の亦復一楽帖」(『哲學』 第53集 慶應義塾大学1968年刊)のp.228ページに色紙の文章が掲載されていた。第八図にこの文章が書かれていると指摘しており、「把盃卓立於長風前、胸間無一物之為芥蔕、目下無一塵之為点汚、超出於万象之外、忘吾之為我、亦復一楽」と句点を切り、「盃を把って長風の前に卓立すれば、胸間に一物の芥蔕をなすなく、目下には一塵の点汚をなすなし、万象の外に超出して、吾の我たるを忘るるも、亦また一楽」と訓読している。

『大漢和辞典 9』(大修館書店,1967年刊)p.305「[匈+月]は胸に同じ。」とあるため、「匈月」は「胸」の異体字と考えられる。また、「一日」は『検索自在 くずし解読字典』(若尾俊平・服部大超編 柏書房,1976年刊)p.426に「間」のくずし字として似た形の字が掲載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
色紙の一文の"立於長風前"を「Google Scholar」で検索したところ、上記の菅沼貞三の論文が該当。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 9版)
参考資料
(Reference materials)
「竹田の亦復一楽帖」(菅沼貞三著 『哲學』 第53集 1968.9 慶應義塾大学) (CiNiiで公開されている: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007408895  2016年7月確認)
『田能村竹田 資料集 絵画篇(大分県先哲叢書)』(大分県教育庁管理部文化課編 大分県教育委員会,1992)
『田能村竹田基本画譜 図版篇』『同 解説編』(田能村竹田[画],宗像健一編著 思文閣出版,2011年刊 (『図版編』p.74、『解説編』p.116に記載あり。)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000195470解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!