このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195411
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-034
事例作成日
(Creation date)
2015年09月11日登録日時
(Registration date)
2016年07月29日 16時26分更新日時
(Last update)
2016年09月06日 14時36分
質問
(Question)
ニワトリの卵を何と呼ぶか、日本全国の例を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料にニワトリの卵の呼び方について記述があった。

『現代日本語方言大辞典 4 せ-と』(平山輝男編著 明治書院 1993)
 微妙な発音の違いによっても分類されている。[n+g]の発音記号を[ng]と書く。
 p3040「たまご【卵】」の項
 「タマゴ[tamago]」の採集地は群馬・埼玉・袖ヶ浦・八丈・新潟・佐渡・五箇山・秋山(長野県)・愛知・三重・鳥取・島根・岡山・広島・油木・山口・徳島・香川・愛媛・大洲・福岡・佐賀・長崎・福江・熊本・大分・宮崎・鹿児島・甑とあり。
 「タマコ゜(半濁点)[tama[ng]o]」の採集地は北海道・礼文・青森・弘前・八戸・岩手・安代・宮城・秋田・河辺・山形・福島・会津・茨城・栃木・千葉・東京・奥多摩・神奈川・石川・七尾・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・滋賀・京都・兵庫・奈良とあり。
 「タマコ゜(半濁点)[tamago]」の採集地は大阪とあり。
 他の呼び方の採集地は「タマモ〔富山〕、タマ〔岸和田・十津川(奈良)〕、タマコ〔兵庫(古い言い方)〕、タマン(小さい「ン」)ゴ〔和歌山・高知〕、クガ〔名瀬・多良間〕、フガ〔沖縄〕、トゥナカ〔平良〕、トゥヌカ〔池間・長浜(沖縄-宮古)〕、コーマ〔鳩間〕」とあり。
 「けいらん」の項はなし。

『日本方言辞典』(佐藤亮一監修 小学館 2004)
 p810「たまご【卵】」の項で「あめご〔山形県東置賜郡〕、かい〔沖縄県新城島〕、かいぐー〔沖縄県与那国島〕、かいこ〔高知県・長岡郡〕、かいご〔鹿児島県与論島〕、くーが〔鹿児島県徳之島〕〔沖縄県首里〕、くーがー〔沖縄県国頭郡〕、くーわー〔沖縄県黒島〕、くが〔鹿児島県奄美大島・沖縄県島尻郡・石垣島〕、くがー〔鹿児島県加計呂間島・奄美大島〕、くぐわ(小さい「わ」)ー〔沖縄県那覇市〕、くんが〔沖縄県竹富島〕、けー〔沖縄県波照間島〕、こが〔鹿児島県肝属郡〕、たま〔京都府北桑田郡・大阪府泉北郡・奈良県南葛城郡・山口県〕、たんこ〔栃木県塩谷郡〕、とぅなか・とぅぬか〔沖縄県宮古島〕、とぅなが〔沖縄県石垣島〕、とぅのー〔沖縄県西表島〕、とぅるぬけー〔沖縄県石垣島〕、とぅんぬっふぁ〔沖縄県黒島〕、とぅんぬふふぁ〔沖縄県石垣島〕、ふが〔鹿児島県与論島・沖永良部島〕、ふがー・ふわー〔鹿児島県喜界島〕」とあり。
 「けいらん」の項はなし。

『分類方言辞典 標準語引』(東条操編 東京堂出版 1954)
 『全国方言辞典』の索引部分と補遺篇。
 p46〔鳥獣虫魚-陸棲〕「たまご(卵)」の中の【鶏卵】の項に、「(本)かいご・くが・こがむにやい・となか・(補)たま(p601〔山口〕)」とあり。
 p169〔飲食嗜好〕「たまご(卵)」の項に、「(本)かい・かいご・くが・こがむにやい・となか・ふが・(補)たま(p601〔山口〕)」とあり。

『全国方言辞典』(東条操編 東京堂出版 〔1951〕)
 『分類方言辞典 標準語引』の本編にあたる。
 p145「かい」の項に、「卵。〔南島新城島〕」
 p146「かいご」の項に、「卵。鶏卵。〔近畿(日葡辞書)・高知県長岡郡・南島与論島。〕」
 p267「くが」の項に、「卵。鶏卵。〔奄美大島。〕」
 p333「こがむにやい」の項に、「卵。鶏卵。〔南島。〕」
 p597「となか」の項に、「鶏卵。〔南島宮古島。〕」
 p704「ふが」の項に、「卵。〔南島与論島。〕」

『日本国語大辞典 第8巻(せりか-ちゆうは)』(小学館 2001)
 p1105「たまご(卵・玉子)」の項に、「ターゴ〔NHK(奈良)〕、タガモ〔石川・福井大飯・信州風物・飛騨〕、タマモ〔富山県・福井大飯・飛騨〕、タマンゴ〔千葉〕、タモモ〔岐阜・飛騨〕、タンゴ〔伊予〕」とあり。

『日本方言大辞典 別巻 索引』(尚学図書編集 小学館 1989)
 p378「たまご【卵】たま/たんこ/(とり(鳥・鶏)「子」)とぅる ぬ卵/わぼっこ」
 p378「鶏の□ あめご/かいご/くーが」

『日本方言大辞典 上巻 あ-そ』(尚学図書編集 小学館 1989)
 p107「あめご」の項に「①鶏などの卵。山形県東置賜郡139」とあり。数字はこの辞典の出典資料番号。
 p483「かい」の項に「②鶏の卵。《かいご》九州※001《くーが》沖縄県首里993」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料 
『方言の読本』(尚学図書編集 小学館 1991)
『お国ことばを知る方言の地図帳』(佐藤亮一監修 小学館 2002)
『全国方言基礎語彙の研究序説』(平山輝男編 明治書院 1979)
『日本の方言地図』 (徳川宗賢編 中央公論社 1979)
『日本方言基礎語彙の研究』 (久野マリ子著 おうふう 2005)
『方言の日本地図』 (真田信治〔著〕 講談社 2002)
『少年少女科学名著全集 24 卵のひみつ』(板倉聖宣〔ほか〕編集 国土社 1979)
『卵のひみつ たのしい料理と実験』(小竹千香子著 永井泰子絵 さ・え・ら書房 1987)
『身近な食べもののひみつ 7 すがたをかえる牛乳・たまご』(学習研究社 2006)
『ニワトリとともに 自然養鶏家笹村出』(常見藤代写真 農文協編 農山漁村文化協会 2014) ほか
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
畜産製造.畜産物  (648 9版)
方言.訛語  (818 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代日本語方言大辞典 4 せ-と』(平山輝男編著 明治書院 1993), ISBN 4-625-52140-8
『日本方言辞典』(佐藤亮一監修 小学館 2004), ISBN 4-09-508211-9
『分類方言辞典 標準語引』(東条操編 東京堂出版 1954)
『全国方言辞典』(東条操編 東京堂出版 〔1951〕)
『日本国語大辞典 第8巻(せりか-ちゆうは)』(小学館 2001), ISBN 4-09-521008-7
『日本方言大辞典 別巻 索引』(尚学図書編集 小学館 1989)
『日本方言大辞典 上巻 あ-そ』(尚学図書編集 小学館 1989)
キーワード
(Keywords)
鶏卵
日本語-方言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000195411解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!