このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195409
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域441
事例作成日
(Creation date)
2016年07月29日登録日時
(Registration date)
2016年07月29日 16時00分更新日時
(Last update)
2016年07月29日 16時03分
質問
(Question)
なぜ、いわき市平字一町目~六町目は、「丁目」ではなく「町目」と表記するのか?
回答
(Answer)
『地名の変化にみる、いわきの近代化』(いわき総合図書館 いわき未来づくりセンター 2008)の「コラム① 「丁目」の拡大」(P44)、「コラム② 「町目」と背割町」(P54)に記述がありました。

これによると、「町目」は江戸時代からの町では見かける表記で、多くの都市では「町」から「丁」へと転化していきましたが、平の場合、昔の表記が現在に息づいているのだそう。

この「町(丁)」は、江戸時代には長さを表した単位で、1町は約109m。当時は、土地の税を店の間口の広さに応じて課していたため、間口が狭く奥行きが長い「鰻の寝床」のような商家が立ち並ぶことになったそうです。

同書のP59「地図2-1-1 江戸時代末期の状況」でも、「鰻の寝床」のように区切られた当時の「一町目」「二町目」「三町目」「四町目」「五町目」の姿を見ることができます。
なお、「平六町目」は平成10年の字名改称時にできた新しい地名です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『地名の変化にみる、いわきの近代化』[K/291/チ・1111966469]
キーワード
(Keywords)
いわき 地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195409解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!