このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195271
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
宮城野2016-事4
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2016年07月27日 15時36分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時38分
質問
(Question)
水の森市民センター近くの叢塚(くさむらづか)について知りたい。
回答
(Answer)
 附近一帯の地主であった村上左膳が築き、宮城控訴院長西岡宣軒の選書で建てられた碑。明治15年にコレラが大流行し、仙台でも7月21日に肴町で発生、9月6日に終息するまで罹患者930名、うち410名が死亡した。市内の火葬場の一つであったこの地で276体が処理された。ここに捨て置かれた残骨と灰で堆積されたものが叢塚であり、これを哀れんだ士族の村上左膳によって供養碑が建立された。近くには上部が折れた「虎烈刺(コレラ)焼場供養塔」もあり、この塔のうしろの雑木林になっているところが火化(火葬)の址である。
回答プロセス
(Answering process)
 データベース「ジャパンナレッジ」の日本国語大辞典で叢塚を調べると、無縁の死者のためにたてられた墓、無縁塚、無縁墓とあった。
 「叢塚」「水の森」をキーワードに検索すると、『宮城県史 22 災害』や『水の森』という地元学研究資料がヒット。それらの記述から回答にたどりついた。
 また、『宮城県史 17 金石志』p222に「荒巻の叢塚碑」の項があり、『仙台市史 特別編9』p117に叢塚の記述とその写真、『泉市誌 上巻』p299にコレラの流行・叢塚碑の記述、『仙台の石仏散歩』p60にも簡単な記述があり、『仙台昔話電狸翁夜話』にコレラ騒動についての記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『宮城県史 22 災害』 宮城県/著 ぎょうせい 1987年
『宮城県史 17 金石志』 宮城県/著 ぎょうせい 1987年
『水の森』 青葉区地元学研究委員会/編 新しい杜の都づくり青葉区協議会 1995年
『仙台市史 特別編 9 地域誌』 仙台市史編さん委員会 2014年
『泉市誌 上巻』 泉市誌編纂委員会 1986年
『仙台の石仏散歩』 木村孝文/著 宝文堂 1996年
『仙台昔話電狸翁夜話 復刻版』 伊藤清次郎/述 小西利兵衛/編 今野印刷 1990年
オンラインデータベース:「ジャパンナレッジ」
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000195271解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決