このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195246
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000856
事例作成日
(Creation date)
2016/07/06登録日時
(Registration date)
2016年07月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年11月10日 15時50分
質問
(Question)
「デイゴ(梯梧)」が沖縄県花になった理由を知りたい。
回答
(Answer)

『県民ハンドブック』(沖縄県総務部知事公室広報課企画・監修、沖縄県総務部広報課、2002.3)
表紙から3枚目 「深紅の花は、南国沖縄を象徴するのにふさわしく、観光資源として大きな効果があること、また幹材は、漆器の材料として用いられ経済的価値も高いという理由で「でいご」が県の花に選ばれました。」の記述がある。


『沖縄県農林水産行政史 第7巻』(沖縄県農林水産行政史編集委員会編、農林統計協会、1989.3)
p493 「「県の木」選定の同じ年、沖縄タイムス社は、緑化本部の後援と、琉球政府の関係部局及び諸団体の協賛でもって、「郷土の花(県花)」の選定運動を展開した。国に国花があって国民精神のシンボルとなっているように、各地方にもまた、その郷土の人心を象徴する花を持つことは、地域住民の精神生活の上にとって大切なことである。(略)沖縄全域に広く分布して全住民に親しまれ、南国沖縄のムードと住民性を象徴し、しかも他府県に例を見ないすばらしい「郷土の花」として選定されたのが「デイゴ」である。(略)このデイゴは「県の花」として、琉球政府によって「県の木」とともに四二年二月七日付け告示第二七号で公表されたが、本土復帰に伴う特別措置として、四七年一〇月二六日付け告示第一五七号で再公表された。」の記述がある。


『沖縄タイムス[マイクロフィルム複製本] 1965年6月』([沖縄県立図書館]刊、[2011.3])
1965.6.17朝刊1面 「社説 県花デイゴの選定」
→上記と同様の理由の記述がある。


『沖縄県公報 昭和47年9月-12月』
昭和47年10月26日付け公報第58号p39 「沖縄県告示第157号」の項目で、「1967年告示第27号で指定された沖縄県の花「でいご」、沖縄県の木「りゅうきゅうまつ」及び1972年告示第156号で指定された沖縄県の鳥「ノグチゲラ」は、それぞれ沖縄県の花、木及び鳥とする。昭和47年10月26日 沖縄県知事 屋良朝苗」の記述がある。


インターネット上の情報(2017.11.8現在)
『琉球政府公報 1967年 第11号』  
http://www2.archives.pref.okinawa.jp/kouhou/PDF/ryukyu/1967-02-07.pdf
1967.2.7 p2 「告示第二十七号」の項目で、「森林審議会の答申に基づき次のとおり選定したので告示する。沖縄県の花 でいご 沖縄県の木 りゅうきゅうまつ 一九六七年二月七日」の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 県民ハンドブック 沖縄県総務部知事公室広報課∥企画・監修 沖縄県総務部広報課 2002.3 K317/O52 表紙から3枚目
2 沖縄県農林水産行政史 第7巻 沖縄県農林水産行政史編集委員会∥編 農林統計協会 1989.3 K60/O52/7 p493
3 沖縄タイムス[マイクロフィルム複製本] 1965年6月 [沖縄県立図書館] [2011.3] K07/O52 1965.6.17朝刊1面
4 沖縄県公報 昭和47年9月-12月 沖縄県総務部文書学事課∥編 沖縄県総務部 1972.9-12 K317/O52 p39
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000195246解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!