このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195099
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢所分-2016-004
事例作成日
(Creation date)
2015/07/26登録日時
(Registration date)
2016年07月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年07月23日 10時36分
質問
(Question)
狭山茶の銘柄である「やぶきた」と「さやまかおり」の違いが知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に記述があります。
 〇『緑茶の事典』高野実/[ほか]執筆 日本茶業中央会/監修柴田書店 2002年
 〇『日本茶の基本』枻出版社 2011年
 〇『狭山茶の歴史と現在 改訂版』入間市博物館/編集 入間市博物館 2014年
 〇『日本茶の事典』スタジオタッククリエイティブ 2013年
 〇『日本茶のすべてがわかる本』 日本茶検定委員会/監修 日本茶インストラクター協会 2008年
 〇『日本茶の基礎知識』 枻出版社 2011年
 〇『日本茶の図鑑』 日本茶業中央会/監修 マイナビ 2014年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『緑茶の事典』高野実/[ほか]執筆 日本茶業中央会/監修 柴田書店 2002年
  p305「やぶきた」の項
     「煎茶用品種。杉山彦三郎が静岡県在来種の実生園から選抜し静岡県茶業試験場で育成。中生種で煎茶として品質きわめて優良。」
  p302「さやまかおり」の項
     「煎茶用品種。埼玉県茶業試験場で〈やぶきた〉の自然交雑実生から選抜・育成。中生種で煎茶として香気が強く良好。」
 
 〇『日本茶の基本』枻出版社 2011年
  p100「やぶきた」の項
     「全国的な主流品種。まろやかな味わいで育てやすく、収量も多い。静岡生まれだが埼玉でも栽培が盛ん」
  p100「さやまかおり」の項
     「1971年育成。やや早世。寒さに強く、収量も多い。その名の通り、香り高く濃厚で、関東を中心に人気」
      
 〇『狭山茶の歴史と現在 改訂版』 入間市博物館/編集 入間市博物館 2014年
  p21「埼玉県で栽培されている茶の品種化率は98.1%で、そのうち『やぶきた』が68.0%を占めます(平成24年埼玉県農林部生産振興課調べによる)。(中略)狭山茶産地では耐寒性の強い品種が望まれ、県の茶業特産研究所では、長年にわたって耐寒性品種の育種を行っています。ここで育成・選抜された品種は、狭山茶産地をはじめ関東以北の北限産地で導入されています。」
    「やぶきた」の項
    「静岡県で選抜された品種で、全国の茶園面積のうち75%以上を占める最有力品種。」
    「さやまかおり」の項
    「埼玉県で選抜された品種。やぶきたの実生から選抜され、耐寒性の強さと香気が特徴。」
 
 〇『日本茶の事典』スタジオタッククリエイティブ 2013年
  p51「やぶきた」の項
    「品質が高くて収量が安定しているうえ、寒さに強く、ほとんどの栽培地に適応する。香りはフレッシュで味が濃い。品質審査の基準にもなっている。中生種」
    「さやまかおり」の項
    「香り豊かで、深蒸し煎茶にすると濃い味に。やぶきたから選抜育成された寒さに強い中生種で、埼玉にて誕生。寒暖の差が大きい関東や西日本の山間などで栽培」
  
 〇『日本茶の基礎知識』 枻出版社 2011年
  p199「やぶきた」用語の説明あり
  p41「さやまかおり」商品案内
 
 〇『日本茶の図鑑』 日本茶業中央会/監修 マイナビ 2014年
  p22「やぶきたってどんなお茶?」
  p23「主な茶の品種」に“さやまかおり”の項目あり
 
 △『日本茶のすべてがわかる本』 日本茶検定委員会/監修 日本茶インストラクター協会 2008年
  p76「好適な地帯別品種組み合わせ例」の表に「やぶきた」「さやまかおり」の記載あり
  p167~168「やぶきた」の歴史についての記述あり
 
2.以下記載のなかった資料
 ×『お茶の大研究』大森正司/監修 PHP研究所 2005年
 ×『おいしい「お茶」の教科書』 大森正司/著  PHP研究所 2010年
 ×『決定版お茶大図鑑』主婦の友社/編 主婦の友社 2012年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
農産物製造.加工  (619 9版)
参考資料
(Reference materials)
B10742657 緑茶の事典 高野実/[ほか]執筆 柴田書店 2002.6 619.8 4-388-35310-8
B11771579 日本茶の基本 枻出版社 2011.2 596.7 978-4-7779-1840-9
B12225344 狭山茶の歴史と現在 改訂版 入間市博物館/編集 入間市博物館 2014.3 619.8
B12054068 日本茶の事典 スタジオタッククリエイティブ 2013.3 596.7 978-4-88393-558-1
B11492504 日本茶のすべてがわかる本 日本茶検定委員会/監修 日本茶インストラクター協会 2008.11 619.8 978-4-540-08187-3
B11789893 日本茶の基礎知識 枻出版社 2011.3 596.7 978-4-7779-1905-5
B12209866 日本茶の図鑑 日本茶業中央会/監修 マイナビ 2014.6 596.7 978-4-8399-4813-9
キーワード
(Keywords)
狭山茶
やぶきた
さやまかおり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000195099解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!