このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000194907
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-一般288
事例作成日
(Creation date)
2016年06月26日登録日時
(Registration date)
2016年07月20日 11時22分更新日時
(Last update)
2016年07月20日 11時22分
質問
(Question)
クレヨンとか絵の具には、どうしていろんな色があるの?(4歳児からの質問)
回答
(Answer)
『「色」の大研究2 色のはたらき』(日本色彩研究所 岩崎書店 2007)P7、『色のふしぎ百科2』(末永蒼生 樹立社 2002)P17に、次のように書いてありました。

色には「光の色」と「物の色」(物体色)の2種類があります。
クレヨンや絵の具は「物の色」の方なので、シアン(CYAN 青)、マゼンタ(MAGENTA 赤紫)、黄(YELLOW)の3色で作られているのです。それぞれの色の割合を変えることで、あらゆる色が作れます。例えば 黄とシアンで緑、黄とマゼンタで赤、3色全部を混ぜると黒になります。

4歳のお子さんが理解するにはちょっと難しいかもしれないので、『あおくんときいろちゃん』(レオ・レオーニ 至光社 1979)や、『三つの色のふしぎなぼうけん』(アネット・チゾン 評論社 1984)などを読みきかせしながら、色のおはなしをしてみてはいかがでしょうか?
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『「色」の大研究2 色のはたらき』[児童/757/イ-2・1120658180]
【資料②】『色のふしぎ百科2』[児童/757/イ-2・1120951015]
【資料③】『あおくんときいろちゃん』[E/茶/レ・1120886229]
【資料④】『三つの色のふしぎなぼうけん』[出納書庫/E/チ・1120143720]
キーワード
(Keywords)
色彩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
未就学児
登録番号
(Registration number)
1000194907解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!