このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000194523
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2016-006
事例作成日
(Creation date)
2016年05月17日登録日時
(Registration date)
2016年07月09日 18時34分更新日時
(Last update)
2016年10月08日 11時20分
質問
(Question)
名古屋にあった駆黴院(駆梅院)について知りたい。また、当時の写真があれば見たい。
回答
(Answer)
『名古屋市史 政治編第3』(名古屋市/編 愛知県郷土資料刊行会 1980年) 
p570-572に駆黴院についての記述があります。明治8年(1875年)6月に検黴所を設置し愛知病院所属とする、同13年(1880年)2月に仮駆黴院を設置、同20年(1887年)12月に名古屋駆黴院を竪三ツ蔵町に移転、翌年4月愛知駆黴院と改称したと書かれています。

『名古屋大学医学部百年史』(作道好男/編 財界評論新社教育調査会校史編纂室 1977年)
p69明治八年の項目に「六月管内に梅毒検査所設置本院の所轄とす」p152明治二十年の項目に「一月県各駆黴院を病院管理に属す」とあります。

『百年前の中京名古屋 愛知県遊廓地域資料集』(阿部英樹/著 勁草書房 2016年)
p120-124に、「駆黴院生活」として『新愛知』明治42年(1909年)4月16日と4月18日の記事が掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
『名古屋市史』の索引で「駆黴院」を調べると、記述が見つかりました。名古屋大学医学部付属病院の前身である愛知病院の管轄であったことがわかったため、名古屋大学医学部関係の資料を調べました。また、遊廓と関係があることから『百年前の中京名古屋』を調べました。
当館の資料からは写真を見つけることができませんでした。名古屋大学医学部史料室には当時の写真が残っているのではないかと考え、問い合わせましたが、写真についての情報は得られませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会.家庭生活の習俗  (384)
参考資料
(Reference materials)
名古屋市. 名古屋市史 [第3巻] (政治編 第3). 愛知県郷土資料刊行会, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001474579-00
作道好男 編 , 作道, 好男. 名古屋大学医学部百年史. 財界評論新社教育調査会校史編纂室, 1977.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011235485-00
阿部英樹 著 , 阿部, 英樹, 1962-. 百年前の中京名古屋 : 愛知県遊廓地域資料集. 勁草書房, 2016. (中京大学経済学研究叢書 ; 第24輯)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I027132655-00 , ISBN 9784326549634
キーワード
(Keywords)
駆黴院
愛知病院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
名古屋大学医学部史料室
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000194523解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決