このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000194457
提供館
(Library)
福井県文書館 (9000002)管理番号
(Control number)
2016-003
事例作成日
(Creation date)
2016年7月18日登録日時
(Registration date)
2016年07月08日 10時55分更新日時
(Last update)
2016年11月15日 16時00分
質問
(Question)
松平慶永(春嶽)の日記は、残っているか。
回答
(Answer)
(1)まず比較的まとまった期間にわたる日記を活字化したものとしては、『松平春嶽全集』第3巻・第4巻がある。
 ただ、このうち大半の第4巻所収の資料は、疎開先の福井で空襲によって焼失し、現存しないとされている(冒頭「第四巻の新刊にあたって」)。

 ・「政事日録」「政暇日録」「政暇日記」「政暇日録」(弘化2年7月15日から4年2月6日(『松平春嶽全集』3・4)
 ・「御政事総裁録」(文久2年7月13日から8月2日、『松平春嶽全集』4)
 ・「心覚」(文久2年閏8月4日から11月18日『松平春嶽全集』4)
 ・「西上備忘録」(文久3年1月16日から2月1日、『松平春嶽全集』4)
 ・「南海航行掌記」(文久3年1月22日から1月29日、『松平春嶽全集』4)
 ・「京都御用心覚」(文久3・4年、『松平春嶽全集』4)
 ・「都乃日記」「都の日記」(文久3年10月19日から12月24日、『松平春嶽全集』4)
 ・「京華日録」(文久4年1月1日から1月7日、『松平春嶽全集』4、『福井市史』資料編5、春嶽公記念文庫に原本あり[巻軸])
    なお「京華日録」一~三(文久3年10月18日から12月24日)は、松平文庫(福井県立図書館保管)にあり、『福井市史』資料編5で翻刻。
 ・「元治元甲子年摘録」(文久3年12月27日から元治元年5月4日、『松平春嶽全集』4)
 ・「登坂心覚」(慶應2年6月1日から8月20日、第1から第4のみ『松平春嶽全集』4。
  ただし『春嶽公記念文庫解説目録 文書編』では、9月3日までの6冊が残存する。)

 ・また日記と題されてはいないが、「合同舶入相秘記」(安政元年1月1日から2月28日)は、ペリー再来の際に米艦隊や応接の模様、諸藩のようすを記した日次の記録である。『松平春嶽全集』2・3、『春嶽公記念文庫解説目録 文書編』に原本あり。)

(2)『春嶽遺稿』巻2 附録に収載されたもの(漢文)
 ・「登京日記」(文久3年10月13日から18日)
 ・「観海日志」(慶応元年7月22日から25日、越前三国への旅行記)

(3)これ以外に「福井市春嶽公記念文庫」(福井市立郷土歴史博物館蔵)に以下のような原本が残されている。
 まず、もっとも継続的に記されたものとして
 ・「礫川文藻」(明治8年10月1日から、明治23年6月2日に亡くなる3日前、5月31日までの日記。163冊)

 ・天保15年から嘉永6年までと、安政4年の参勤交代の際の江戸・福井、福井・江戸間の記録である「海山紀行編」「安政丁巳東海紀行」「天保甲辰東海紀行」「東行記」「東海道駅路紀行草稿」「東山道路記」「東山日録(嘉永元)」2冊、「東山日録(嘉永二年)」「東山道中日録」「東行日記」「東行記」「東道紀行草稿」「東海日録草稿」。
 ・明治天皇行幸に供奉した際の、明治10年2月23日から3月24日にかけての記録「雲月紀行」。
 ・ほかに、年月日不詳・明治10年1月から2月にかけての「松平春嶽自筆紀行文残簡」
 ・慶応3年から明治10年にかけて「登(滞)京日記」「京都日記」「記事珠・台省日紙」「滞京日紙」「御手録」「省中掌記 第一号」「省中掌記 第二号」「日記・その他」「議定御用日記」「台省記 第二号」「台記・同草稿」「鸞台日記(日紙)」「鸞台日記(新紙)残簡」「日記・その他」「台省日紙」「台省日紙残簡」「東京城日誌」「滞西日録」「北行略日記(越行日記)」が、残されている。
 このうち、
 「登(滞)京日記」(慶応3年4月12日から6月1日)は、『福井市史』資料編5に翻刻・収載。
 「京都日記」(慶応3年5月21日から8月4日)は、『福井県史』資料編3に翻刻・収載。

 ・詳しくは『春嶽公記念文庫解説目録 文書編』を参照。
   http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/archives/zuroku/19.pdf

 また、松平文庫(福井県立図書館保管)には、慶応3年2月28日から3月2日にかけて越前海岸から三国・吉崎を巡った際の歌日記「海めくりの日記」(松平文庫1544(仮163))がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
松平春岳全集編纂委員会 編 , 松平, 慶永, 1828-1890. 松平春岳全集 第3巻. 原書房, 1973. (明治百年史叢書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001228535-00
松平春岳全集編纂委員会 編 , 松平, 慶永, 1828-1890. 松平春岳全集 第4巻. 原書房, 1973. (明治百年史叢書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001228536-00
福井市立郷土歴史博物館. 春岳公記念文庫解説目録 文書編. 福井市立郷土歴史博物館, 1972.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001223496-00
角鹿尚計 /著 「松平春嶽『海めくりの日記』をめぐって」『福井市立郷土歴史博物館研究紀要』 第20号 [福井市立郷土歴史博物館] 2015.3
松平, 慶永, 1828-1890 , 松平, 康荘, 1867-1930 , 松平慶永 著 , 松平康荘 編. 春岳遺稿 巻1,2. 松平康荘, 1901.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001688375-00
福井県. 福井県史 資料編 3 (中・近世 1 福井市). 福井県, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001574222-00
福井市. 福井市史 資料編 5 (近世 3 藩と藩政 下). 福井市, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002111488-00
キーワード
(Keywords)
松平慶永
松平春嶽
日記
日誌
日録
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
福井県立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 その他
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000194457解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!